金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』

NEWS
- お知らせ -
主題歌情報
ドラマ主題歌を
back number が書き下ろし!
loading......

ドラマの主題歌を、人気ロックバンド・back number が担当することが決定しました!
back number がドラマ主題歌を担当するのは2015年の「クリスマスソング」以来、実に3年ぶり。
今作の主題歌「オールドファッション」は、実際にドラマのプロットや台本を読んだ上で書き下ろされました。物語を盛り上げるにふさわしいミドルテンポのラブソングに仕上がっています。
これまで数々のラブソングを世に贈り出し、幅広い層から支持を集めてきた back number が、『大恋愛〜僕を忘れる君と』のストーリーからインスピレーションを得て制作したという「オールドファッション」。
ドラマを彩る主題歌も一緒に、“奇跡のラブストーリー”をお楽しみください。
【コメント】
<清水依与吏さん(back number)>
最近ようやくこういう歌が書けるようになった気もしますが、最初からずっとこういう歌しか書いてないような気もしてます。
このドラマの中で新しい登場人物と出会ったはずなのに、なんだかもう一度自分と出会ったような、不思議な気持ちになりました。
大人になった、という自覚を持った今描く日常や記憶の歌だからこそ、淡くてもちゃんと光ってて、少しでもいいから甘くあって欲しいな、と思っています。

<戸田恵梨香さん>
このドラマにとって、この曲が光となり、希望となり、救いになると思いました。
大きくて優しい愛にこの作品が包まれるのだと思うと、幸せです。

プロデューサー・宮﨑真佐子>
このドラマの主題歌は back number さんしかいないと思っていました。戸田さん演じる尚へ、ムロさん演じる真司からの気持ちを歌った最高のラブソングに仕上げて頂き、感無量です。クスッと笑えて、でも切なくて、そして温かい気持ちになるラブストーリーをこの主題歌とともにお楽しみいただければと思います。
2018.9.26
出演者情報
主人公・尚の元婚約者でエリート精神科医の
井原侑市役に松岡昌宏
難病の娘を賢明に守ろうとする尚の母・
北澤薫役に草刈民代
loading......

loading......

尚の婚約者・井原侑市役には、ドラマや舞台で数々の役を演じ、バラエティ番組でも広く活躍する松岡昌宏が決定。松岡がTBSの連続ドラマに出演するのは、2014年放送の『同窓生〜人は、三度、恋をする〜』以来4年ぶり。松岡演じる井原侑市は、アメリカ・ワシントンでアルツハイマー病の最先端研究に邁進するエリート精神科医。母校で准教授に推薦され一時帰国した際に、産婦人科医の尚と見合いをします。侑市は、40歳となった現在まで結婚など考えたことはありませんでしたが、尚の美しい容姿のみならず、サバサバした性格にも惹かれ、会って二度目で婚約を決意。侑市の両親も尚を大いに気に入り、孫の顔を見たいと言うので、結婚に向け準備を進めるのですが、結婚式の直前に尚から一方的に婚約を破棄されてしまう…。そんな時に、尚のMRI画像を見た侑市は、脳のある異変に気づき…。
尚の母・北澤薫役には、元バレリーナで、1996年に「Shall we ダンス?」で映画初出演にして主演を務め一躍トップ女優となり、現在も映画やドラマ、舞台などで活躍している草刈民代が扮する。薫は祖父の代から続く産婦人科「KITAレディースクリニック」の院長。夫を早くに亡くしており、女手ひとつで尚を育てました。最愛の娘である尚が、引越しのアルバイトをしている真司との恋に走ってしまったと知り、「育った環境も学歴も教養も違いすぎる」と、強い愛情ゆえに大反対するのですが…。
loading......

さらに、真司の働く引越し会社の先輩で、真司と尚の恋を陰ながら応援する木村明男役にお笑いコンビ・サンドウィッチマンの富澤たけし、真司と木村を慕っている引越し会社の若手スタッフ・小川翔太役にTBS連続ドラマ初出演の杉野遥亮、「KITAレディースクリニック」の受付で働く尚の親友・沢田柚香役に黒川智花、侑市の母親・井原千賀子役に夏樹陽子が決定しました。
肉体的な死よりも残酷な、“心の死”をもたらす若年性アルツハイマーにおかされても、決して愛情を絶やさない一組の恋人たちの姿を通して、人を愛することの尊さや難しさ、美しさを感じとれる感涙必至のラブストーリーに新たなキャストがスパイスを加えます。
2018.8.17