あさトク

2018年01月11日

スノーボード・平野歩夢(19) 大けが乗り越え金メダルへ

日本選手のメダルラッシュが期待される平昌五輪開幕まで1か月を切りました。
金メダル有力候補の一人が、スノーボード・男子ハーフパイプ代表の平野歩夢選手(19)。
前回のソチ五輪では、スノーボード史上初の銀メダルを獲得。
その後も着実にタイトルを積み重ね、世界のトップライダーに成長しました。

しかし去年3月、大会で着地に失敗し、膝の靭帯と肝臓を損傷。
選手生命も危ぶまれるほどの重傷を負いました…。
絶望の淵に立たされた平野選手の心の支えになったのは、“世界一を獲る”と共に誓った父・英功さんの存在でした。

絶望のどん底から奇跡の復活を遂げ、金メダルを目座す親子鷹。
その舞台裏を取材しました。

月別バックナンバー