あさトク

2017年06月15日

人情!路上に座り45年 都会の靴磨き職人

東京・新橋SL広場の片隅で「靴磨き」の仕事をしている女性がいる。
中村幸子さん(85歳)。
今から45年前、1972年(昭和47年)。
元々はリアカーを引き、果物売りの行商人だったが、
旦那が病に倒れ働けなくなったのを機に、
その日にお金が手に入る「靴磨き」の仕事を始める。

それから毎日、新橋SL広場に座り、
靴磨きをしながら時代の移り変わりを見つめて来た。

現在は、一日平均20人のお客さんが訪れる。
サラリーマンはもちろん、女性や外国人、中には願掛けを目的に
やってくる方や、毎日のように通う男性も…

月別バックナンバー