CHARACTER 登場人物

ガユス・レヴィナ・ソレル

ガユス・レヴィナ・ソレル CV.島﨑信長

人間の攻性咒式士。赤毛にメガネをかけたやや細身の長身で、口が悪く、不機嫌な表情が多い。不幸を背負いこみやすい体質で、ギギナの浪費に起因する借金返済のため、塾講師の副業に精を出している。化学錬成系を得意とする咒式士として、その豊富な知識と応用力は非常に高い。ギギナとは相棒にして犬猿の仲。ジヴーニャという恋人あり。使用武器は魔杖剣<断罪者ヨルガ>に魔杖短剣<贖罪者マグナス>。

ギギナ・ジャーディ・ドルク・メレイオス・アシュレイ・ブフ

ギギナ・ジャーディ・ドルク・メレイオス・アシュレイ・ブフ CV.細谷佳正

戦闘民族ドラッケン族の血を引く攻性咒式士。銀髪に鋼色の瞳、白皙の肌に、鍛え上げられた長身で、周囲に女性の影が絶えない。生体強化系を得意とする剣舞士でもある。戦闘狂で、戦い以外のことは常識が欠落しており、なにかとガユスに迷惑をかけているが気にしていない。家具をこよなく愛する蒐集家で、特に椅子の『ヒルルカ』がお気に入り。ドラッケン族の魔杖剣、屠竜刀ネレトーを使う。

ジヴーニャ・ロレッツォz

ジヴーニャ・ロレッツォ CV.日笠陽子

アルリアン人と人類の間の生まれで、ガユスの恋人。とがった耳と白金の髪、色白の肌が特徴。正義感と愛情が非常に強く、危険な仕事に従事するガユスを案じている。ガユスいわく「自分にはもったいないほどいい女」だが、料理の腕はともかく、方向性はアルリアン人式の残虐料理。製薬会社に勤めるごく普通のOLにもかかわらず、追いつめられると怖い一面が出てくる。

ニドヴォルク

ニドヴォルク CV.日笠陽子

エリダナの街で、咒式士連続殺人事件を起こしている女性。腰まで届く長い黒髪に緑の瞳、白磁の肌に夜の闇を切り取ったような服を纏っている。非常に使い手が少なく難易度が高い重力系の咒式を操る攻性咒式士。仇を探して、エリダナの夜を彷徨っている。

モルディーン・オージェス・ギュネイ

モルディーン・オージェス・ギュネイ CV.土師孝也

ツェベルン龍皇国における、五王家のひとつ、オージェス選皇王代理にして、数多くの肩書を有する、啓示派教会の枢機卿長。いつも笑みをたたえた中年男性。国家と人と世界をなによりも慈しみ、高い理想を持つ。一方で、それらを守るためには冷徹な合理主義者となる。高位咒式士や咒式師であることが多い龍皇国中枢部において、咒式の才能をまったくもたず、政治軍事への見識と権謀術数によって国家を動かす。

キュラソー・オプト・コウガ

キュラソー・オプト・コウガ CV.南條愛乃

モルディーンの手足となって動く精強無比の攻性咒式士・十二翼将の第十二席。切れ長の目に、短い黒髪の東国出身の女性。祖国から逃れてきた忍者の一派を束ねる頭領で、暗殺を含めた諜報活動を担当するほか、モルディーンの秘書官も務めている。漬物が得意。本名は別にあるが、ウコウト大陸人には呼びにくいためにキュラソーとされている。使用魔杖刀は<夜鴉>。

ヨーカーン

ヨーカーン CV.田村睦心

モルディーン十二翼将の第二席。参謀役にして大賢者。虹色に変化する瞳を持ち、中性的な容貌もあいあまって、年齢や性別が不明。龍皇にすら意見できる、大賢者とまで呼ばれる超咒式士で、敬意を払われる存在。一方で愉快犯的な言動が多く、他のほとんどの翼将からは敵視されている。余計なことしかしない人物。

イェスパー・リヴェ・ラキ

イェスパー・リヴェ・ラキ CV.星野貴紀

モルディーン十二翼将の第九席。短く刈りこんだ黒髪に黒の瞳、右目を眼帯で覆った長身の男。『皆殺しのラキ家』ことラキ侯爵家の現当主。謹厳実直で、モルディーンに絶対的忠誠を誓っている。東方の剣術である居合と化学鋼成系咒式を操る機剣士。弟にはどこか甘い。使用魔杖剣は<九頭竜牙剣>と魔杖短剣<九頭竜爪剣>。

ベルドリト

ベルドリト CV.徳井青空

モルディーン十二翼将の第十席。黒髪に黒の瞳、飛行眼鏡と飄々とした幼い印象の笑顔が特徴。イェスパーの双子の弟。天真爛漫でときに無邪気な残酷さを発揮する。物理法則を操る数法量子系咒式士でも、確率の操作によって物質同士の透過や召喚を可能とする虚法士。末っ子気質。使用魔杖剣は<空渡りスペリペデス>。