プレミアムイベント ロコドルフェスタ

イベント情報

6月29日 放送直前イベント開催決定!

「放送直前イベント〜初夏の流川祭り〜」イベントレポート公開!

2014年6月29日、東京・九段下の科学技術館サイエンスホールにて『「普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。」放送直前イベント〜初夏の流川祭り〜』を開催!オンエア直前に開かれたスペシャルイベントの模様をレポート♪

画像

 会場をいっぱいにしたファンの期待にこたえるべく、まずは本イベントのために1話と2話を編集した特別映像を公開。奈々子や縁たちのキュートで一生懸命な姿、そして折々に挟まれたコミカルな展開に、会場からは何度も歓声や笑い声が起きていた。30分超の上映が終わると、ファンからは今後の展開を期待するかのように拍手が沸き起こった。

画像

 上映が終わるとメインキャスト陣がステージに続々登壇! 宇佐美奈々子役の伊藤美来さん、小日向縁役の三澤紗千香さん、三ヶ月ゆい役の吉岡麻耶さん、名都借みらい役の水瀬いのりさん、最後に名和宗則監督が姿を見せ、歓声とともに迎えられた。キャスト陣はそれぞれが演じるキャラクターの魅力をファンに紹介。

画像

残念ながら特別上映では登場しなかったゆいとみらいのために、アニメ初登場シーンを上映するというサプライズもあり、ファンを大いに喜ばせた。名和監督は奈々子たちを描くポイントを語ってくれたほか、アフレコでのエピソードを披露。伊藤さんらキャスト陣が奈々子たちのように仲よく収録している様子がうかがえた。

 続いて行なわれたのは「ろこどるで【あいうえお作文】作ってみた。」のコーナー。伊藤さん、三澤さんの「流川ガールズ」チームと吉岡さん、水瀬さんの「魚心くん」チームにわかれ、「ろこどる」の4文字を使った「あいうえお作文」を発表し、どちらがより作品をPRできるか対決した。
「流川ガールズ」チームが作った作文は
「ロマンスと
 この街を守る
 ドキドキするような
 ルールです」。
対する「魚心くん」チームは
「老人からお子さんまで
 子供から大人まで
 ドキドキ楽しい仲間たち
 るんるん出来る作品です」
と力作を披露。どちらもファンからの笑いと拍手は同じくらいだった。

画像

判定役の名和監督は引き分けとし、両チームには本編の中で登場する、流川市のケーキ屋さん「ヨーデル堂」の名物ケーキ“たぬケーキ”そっくりのケーキがプレゼントされた。その愛らしい姿に一同は大喜びした。
 最後に、流川市のマスコットキャラクター・魚心くんが登場し、観客参加型企画の「シュートを決めろ!魚心くんチャレンジ!」コーナーがスタート。

画像

魚心くんが5回のシュートのうち何本を決められるかを事前に回答してもらい、当たった人には抽選で豪華プレゼントがもらえるというもの。魚心君がシュートをするたびに、客席からは一喜一憂する観客たちのどよめきが起きた。結果、魚心くんが決めたシュートはなんと4本! キャスト陣のサインが入ったポスターと原作・小杉光太郎先生のイラスト色紙がそれぞれ1人ずつプレゼントされた。

お待ちかねのライブパート1曲目は吉岡さん、水瀬さんによる「魚心くんソング」だ。

画像

先日、youtubeで配信中の情報番組「流川シティチャンネル」で公開された振り付けをマスターしてきたファンたちに吉岡さんたちもノリノリで、早くも観客とステージが一体となったライブパフォーマンスだった。興奮冷めやらぬ観客の前に現れたのは「流川ガールズ」の伊藤さんと三澤さん。

画像

ライブでは初お披露目となる『ろこどる』のOPテーマ「ミライファンファーレ」のイントロが流れるや、会場のテンションはマックスに。

画像

アップテンポで軽快な音楽とともに、伊藤さんたちはステージを駆けまわり、まさにアイドルらしい圧巻のパフォーマンスを繰り広げた。そして最後を締めるのは劇中歌「あぁ流川」。キャスト全員と名和監督、そして観客全員も総立ちで歌い上げた。
 フィナーレでは、みんなの心が1つになったステージで、キャスト陣と名和監督がオンエアに向けての展望と期待を語り、流川市民となったファンからは、惜しみない拍手が送られた。

画像

会場では、作中に登場する「流川サイダー」や「流川Tシャツ」などが販売され、注目を集めていた。

画像

掲載:2014.06.01