あらすじ

第3話

第3話予告

 温泉旅行に行っていた美都(波瑠)有島(鈴木伸之)。しかし、電話で子どもが生まれたことを知ると、有島は結婚していることを明かし、美都を残したまま帰ってしまう。
取り残された美都が、有島との再会は“運命”ではなかったことに落胆していると、母・悦子(麻生祐未)が階段から落ちて病院へ運ばれたと連絡が入る。
大慌てで母のもとへ向かう美都だったが、一足早く涼太(東出昌大)が病院にいる悦子を迎えに行っていた。そんな涼太は、体調を案じ、悦子の骨折が回復するまでマンションに一緒に住まないかと提案する。慌てる美都をよそに喜ぶ2人。しかし、母の体調が芳しくないことを知った美都は、いやいやながらも提案を受け入れる。
一方、有島は麗華(仲里依紗)と生まれたばかりの娘に付きっ切りで、美都からの着信を無視し続けていた。連絡がつかないことに苛立つ美都は、旅行土産をヤケ食いしていると、突然吐き気をもよおしトイレに駆け込んでしまう。その様子を見た涼太は美都が妊娠したのではないかと勘ぐる—

悦子と三人で暮らす日々の中で、涼太の優しさに罪悪感を感じ、涼太の同僚・小田原(山崎育三郎)を招き料理を振る舞うことを提案する美都。
これを機に有島との恋に終止符を打とうと、久々の有島からの誘いにも素っ気なく断り続けるが…。

BackNumber

このページの先頭へ