キャラクター紹介

一覧に戻る

警察機体アンドロイド

(写真)

【ラプラス】(福田彩乃)

CRX III -7 (7号機)
OS: PLATINUM
Installed Systems: Oozing-out, Anti-Gravity, Partial Reinforcement, Power-Saving

沫嶋黎士を殺したアンドロイド。
安堂麻陽の命も狙っていたが、ロイドによって原子還元処理が実行される。
「歴史をねじ曲げたのは沫嶋黎士です。私たちは彼の破壊した歴史を修復しなければなりません。そのためには安堂麻陽を殺す必要があります」


(写真)

【ボルタ】(三浦 力)

TRX I -4
OS: BIO OX
Installed Systems: Oozing-out, Anti-Gravity, Partial Reinforcement, Power-Saving

口からハエ型ロボットを出す。その小型ロボットは耳穴などから脳の中に侵入し、自爆することが出来る。沫嶋七瀬に乗り移り、安堂麻陽を殺そうとするが、ロイドに原子還元処理される。


(写真)

【ドルトン】(津村知与支)

「人には感情がある。その分、人は無駄なことをする。過去の記憶など無意味ではありませんか?大事なのは現在、記憶など消してしまった方がいい」


(写真)

【ケプラ】(伊達 暁)

フレミングと行動を共にしていた警察機体アンドロイド。フレミングがロイドに原子還元処理されたことを受け、姿を消す。
麻陽の部下・星にARX II-13(ロイド)を処分するよう依頼。

2113年から沫嶋黎士の脳データが、2013年の沫嶋黎士と星新造のパソコンにアクセスしていると気づく。

ポリスクラウドを裏切った角城の処理に失敗。アップグレードする。

(写真)

安堂麻陽を狙うも何者かに邪魔をされる。

ARX IX - THE LAST QUEENが新しいボスとなる。

ARX IX - THE LAST QUEENが撃った大物政治家を原子還元処理しようとした際、突如ウージングイントしてきたロイドに火球をぶち込まれ、焼かれる。


(写真)

【バルス(左)】(柿澤勇人)

SRXV -5
OS: PLATINUM
Installed Systems:Oozing-out, Anti-Gravity, Partial Reinforcement, Power-Saving, Stealth

【キュリー(右)】(柿澤勇人)

SRXV -5
OS:PLATINUM
Installed Systems:Oozing-out、Anti-Gravity、Power-Saving、Stealth

自己破壊装置が搭載されている。
安堂麻陽とロイドの命を狙うも、ロイドに気付かれ処分される。


(写真)

【ナビエ】(藤本隆宏)

ARX IV

かつてロイドの仲間であった。
「あの戦争で任務とはいえたくさんの人間を殺した。その日から悪夢にうなされ続けた。ロボットが夢をみるはずがない、とサプライヤーに断言された。しかし、俺の人工知能は、確かに夢を見るようになっていたんだ。良心の呵責をともなった悪夢を」と苦悩から全ての記憶を消した。


(写真)

【フレミング】(岩井秀人)

家族がいる2113年に帰りたい。沫嶋黎士がタイムケーブルを閉じなければと命乞いするも…のちに全てが出まかせであると判明。その後、沫嶋黎士の脳データを破壊に携わる。
ロイドに原子還元処理される。


(写真)

【メンデル】(谷田 歩)

フレミングと行動を共にしていた警察機体アンドロイド。フレミングがロイドに原子還元処理されたことを受け、姿を消す。
麻陽の部下・星にARX II-13(ロイド)を処分するよう依頼。

2113年から沫嶋黎士の脳データが、2013年の沫嶋黎士と星新造のパソコンにアクセスしていると気づく。

ポリスクラウドを裏切った角城の処理に失敗。アップグレードする。

(写真)

安堂麻陽を狙うも何者かに邪魔をされる。

ARX IX - THE LAST QUEENが新しいボスとなる。

角城元を原子還元処理しようと接近した際、不意をつかれ体を角城に抱えられ、火球を背中に叩き込まれ、原子還元処理される。