コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS 水曜劇場・橋田壽賀子ドラマ「となりの芝生」

2009年7月1日スタート 水曜よる9時


あらすじ

最終回−9月16日放送

photo-12-01

要(大倉孝二)が入院先の病院から志乃(泉ピン子)と共に家に帰ると、そこには知子(瀬戸朝香)の姿はなく置手紙が1つ。志乃は怒り心頭だが、「知子ならこうするだろうと思っていたよ」と、要は意外と冷静に受け止めていた。きちんと話し合おうと、知子に連絡を取ろうとする要を志乃が「知子から謝ってくるならまだしも、こっちから頭下げて帰ってきてもらうなんて真っ平御免」とまくし立てる。


photo-12-02

家を出ても仕事を続ける知子。知子は殿村(大杉漣)に事情を説明するが「まずいな」と、困惑するものの、凛とした佇まいを見せる知子の姿に納得させられてしまう。そんな折、知子の職場に時枝(三浦理恵子)が現れ、要の関係の話となるのだが…。
嫁・姑問題から端を発した高平家も崩壊寸前。 嫁とは、姑とは、そして夫とは…知子は新しい家族のカタチを見出すことが出来るのか?



↑PAGE TOP