2019年1月スタート毎週日曜よる9時

お知らせ

番宣情報

2019.01.18 up

2019年1月20日 (日) ごご 2時〜
『 日曜劇場『 グッドワイフ 』ダイジェスト 』
2019年1月21日 (月) よる 10時〜
『 1番だけが知っている 』
小泉孝太郎さんが出演します!
2019年1月24日 (木) よる 10時〜
『 櫻井・有吉 THE 夜会 』
水原希子さん、滝藤賢一さんが出演します!
  • 放送内容は番組の都合で急遽変更・中止されることがあります。
  • 一部放送されない地域もございます。詳しくはお住まいの地域番組表をご確認ください。

このお知らせをシェアする

ゲスト出演者発表!

2019.01.13 up

「ダブルアクセルの達成感!」
1月20日 (日) 放送の第2話で
プロフィギュアスケーター・村上佳菜子がドラマ初出演 !!

1月20日 (日) 放送の第2話にプロフィギュアスケーターの村上佳菜子がゲスト出演することが決定した。村上がドラマに出演するのは初めて。普段は氷の上の演技で魅せている村上が、今度はテレビドラマの演技で魅せる。村上が演じるのは宝飾店の店員。常盤貴子演じる蓮見杏子が夫の汚職容疑に対して疑いを深める大事なシーンで登場する。今回、役になりきるために知り合いを通じて宝飾店店員の所作や言葉遣いなどのリサーチを事前に重ね、入念に準備し臨んだという村上。初めてのドラマの撮影現場とあって緊張を見せながらも見事に演じきった。その渾身の芝居をぜひ、お楽しみに。
第2話は1月20日 (日) よる9時放送、20分拡大でお送りする。
そして、今日よる9時からいよいよスタートする第1話もお見逃しなく!

コメント

村上佳菜子さん

ドラマ初出演の感想

ずっとやってみたいなと思っていたので、お声がけいただいたときは本当にうれしかったのですが、とても緊張しました。

フィギュアスケートでオリンピックなど大舞台を経験している村上さんですが、ずいぶん緊張していたように見えました

フィギュアスケートとはまた全然違う緊張でした。初めての場所ですし、やってきたことが1回のチャンスの中でできるかというスケートの緊張とは全然違ったもので。でも通じるところもあって。自分にとってはすごくいい経験になりましたし、今後のスケートにつなげられたらいいなと思いました。

実際にドラマの演技をしてみて

フィギュアスケートも演技をするのですが、言葉を発して表現するのは本当に初めてだったので、同じ“表現する”ということでも全く違うなと感じました。

常盤さんの印象

目力がすごくて、何回か吸い込まれそうになりました。
初めてのドラマ撮影なのでそわそわしながら現場に入ったのですが、優しく声をかけていただいて、リラックスしてできました。

今日の演技にあえて点数をつけるとしたら?

自分の演技をまだちゃんと見ていないのでわからないですけど、達成感としてはわりと頑張ったかなと思います。70点くらいかな?(笑) 感覚としては良かったのかな、と思います。私はダブルアクセルが苦手なのですが、アクセルが決まったときくらいの達成感はありました (笑)。

プロデュース・東仲恵吾

村上佳菜子さんがフィギュアスケートで魅せる表現力を、ぜひドラマでも披露していただきたいと思い、お願いしました。
初めてとは思えない見事な演じっぷりで、とても魅力的なキャラクターに仕上げてくださいました。ぜひご覧ください。

このお知らせをシェアする

出演者発表!

2019.01.06 up

相武紗季が主人公の夫とスキャンダルを起こす
女性新聞記者を演じる!

このドラマの根幹となる壮一郎の 「汚職事件」 と 「女性スキャンダル」。その 「女性スキャンダル」 の原因である壮一郎の相手・遠山亜紀役に 相武紗季 が決定した。亜紀は優秀な新聞記者で、壮一郎と情報提供を通じて信頼関係を築いていた。しかしある日、二人は一線を越えてしまう。そのうえ、そのことがマスコミに報道され、大きなスキャンダルに…。
杏子と壮一郎の夫婦の絆を壊し、壮一郎を窮地に追い込むきっかけになる亜紀。彼女の存在が、この作品の大きな見どころである人間関係に今後どのように影響していくのか。
予測の付かないスリリングな展開を繰り広げる、重要なキーパーソンとして注目して欲しい。

コメント

相武紗季さん

登場人物の誰もがそれぞれの思惑をもっているので、亜紀がそこにどう絡んでいくのか、観る人の気持ちをザワつかせ、楽しんでいただけるように演じたいと思います。

プロデュース・東仲恵吾

本作の大きな魅力である夫婦の問題。その原因を作った亜紀は本作のキーパーソンです。また、日本版としてのキャラクター設定で、大幅にオリジナル要素を入れました。
そんなとても大事な役を、相武紗季さんに演じていただけることになりました。ぜひお楽しみください。

このお知らせをシェアする

主題歌決定!

2019.01.04 up

日曜劇場『グッドワイフ』 主題歌を BUMP OF CHICKEN が書き下ろし !!

このたび、本ドラマの主題歌を BUMP OF CHICKEN が担当することが決定した。曲名は 「Aurora」。番組プロデューサーと監督が直接思いを伝え、藤原基央 (Vo, G) が詞曲を書き下ろした最新曲だ。芯の強さを感じさせる歌詞と、優しく背中を押すような藤原の歌声、軽やかで爽快なサウンドスケープが耳に残り、ドラマのストーリーをいっそう盛りたてる。
また、TBS 公式 YouTube ではスペシャルロング予告動画も公開。主題歌 「Aurora」 をいち早く聞くことが出来るほか、歌詞も掲載されており、必見です。

< 主題歌概要 >
BUMP OF CHICKEN 「Aurora」 (TOY'S FACTORY)
作詞・作曲:藤原基央 編曲:BUMP OF CHICKEN & MOR
※リリース未定

【スペシャルロング予告動画】

コメント

BUMP OF CHICKEN

日曜劇場 『グッドワイフ』 の主題歌オファーをいただきまして、大変光栄に思いました。
トレーラー映像の時点で凄くわくわくしました。
本編の放送を楽しみにしています。

監督・塚原あゆ子

日曜日の夜に、優しい元気をくれる曲だと感じました。
そして、力強く明日へ踏み出すためのエールを。
叶わなかった願いに、もう一度挑むための勇気をもらえます。
映像の世界観とともに、是非、ご家族でお楽しみください。

プロデュース・東仲恵吾

“最悪な状況” に立ち向かう主人公に寄り添いながら、そっと背中を押してくれる曲をと考えた際に、真っ先に BUMP OF CHICKEN にお願いしたいと思いました。以前から、不条理な現実でもその中にある優しさや力強さを紡ぎあげる歌詞や曲、そして藤原さんの声がとても好きでした。
今回快くお受けくださり、しかも藤原さんと話して作品の世界観を直接お伝えした上で、作っていただきました。まさにこのドラマのテーマである “理不尽と戦う主人公への最高の応援歌” となっています。ぜひお楽しみください。

このお知らせをシェアする

公式 LINE 情報

2018.12.27 up

ドラマ公式 LINE がスタート!
友だち登録をしていただくと、なんとあの人からのメッセージが
ドラマ公式 LINE ならではのスペシャルコンテンツも更新予定ですので、お楽しみに!

公式 LINE はこちら!

このお知らせをシェアする

注目のゲストが続々決定 !!

2018.12.23 up

上段左から第1話ゲストの武田鉄矢、第2話ゲストの橋爪功。
下段左から第1話ゲストの泉澤祐希、野間口徹、伊藤さおり、井本貴史。
第2話ゲストの松本紀保、木本武宏。

2019年1月期の TBS 日曜劇場 『グッドワイフ』 の放送スタート日が 1月13日 (日) に決定した。初回は 25分拡大スペシャル となる。

日曜劇場 『グッドワイフ』 第1話のゲストに武田鉄矢が決定。本作で扱うのは 「いつ、誰が巻き込まれてもおかしくない」 事件。第1話では、常盤貴子演じる杏子の前に “表現の自由” を盾に、武田が人気キャスター・日下部直哉として立ちはだかる。歯に衣着せぬ発言からネット上で絶大な人気を誇る日下部が、法廷で朗々と主張を繰り広げるシーンは注目だ。また、日下部を訴える依頼人として泉澤祐希が出演する。さらに、1話では野間口徹、ライセンスの井本貴史、北陽・伊藤さおりなど、多彩なキャストの出演も決定。
なお、第2話では賀来千香子演じる神山の父・大輔役で橋爪功が登場。大輔は酒酔い運転で事故を起こし逮捕されるが冤罪を主張する。しかし、有罪となる証拠も揃い、絶体絶命。そんな中、弁護を担当する杏子は裁判でどんな “らしさ” を見せるのか?
第2話では、松本紀保、TKO・木本武宏のゲスト出演も決定している。

人生の岐路に立たされた登場人物たちが、信念やプライドを武器に運命を切り拓いていくリーガルヒューマンエンターテインメント、日曜劇場『グッドワイフ』は2019年1月13日 (日) よる9時から25分拡大スペシャルでお送りする。ご期待ください!

このお知らせをシェアする

出演者発表!

2018.12.16 up

お笑い芸人・博多華丸リベラルな弁護士を演じる !!
唐沢寿明演じる壮一郎の顧問弁護士役で物語の重要な鍵を握る !?

今回、唐沢演じる蓮見壮一郎の顧問弁護士・林幹夫役でお笑い芸人・博多華丸のレギュラー出演が決まった。
華丸が演じるのは、汚職疑惑と女性スキャンダルが持ち上がり逮捕される元特捜部長・蓮見壮一郎 (唐沢寿明) を弁護する顧問弁護士・林幹夫。壮一郎の疑惑を晴らすために弁護をするとともに、検察庁内部の人間関係を熟知して策を講じる。とてもリベラルな弁護士で、法曹界を揺るがす大きな事件を担当している最中でも杏子 (常盤貴子) に対して常に笑顔で話す一方で、その目の奥は笑っておらず何を考えているのか読めない男だ。また、林は壮一郎の命を受けて、妻・杏子の様子や、汚職事件について調査しているという重要な役どころ。林が壮一郎に渡す情報が、後々物語に大きな波紋を与えることになる。
華丸が TBS の伝統あるドラマ枠である日曜劇場にどのような存在として加わるのか、期待がかかる。

どこへ行ってもスキャンダルの渦中の妻として世間から向けられる好奇の目、さらに、弁護士としての16年のブランクははかり知れず、悪戦苦闘する日々。それでも杏子は強い信念を持ち、“自分をあきらめずに” 自分の弱みも逆手にとって強く生き抜いていく中で、弁護士として、人として成長していくリーガルヒューマンエンターテインメント。そして、夫婦を通した複雑に絡まる人間関係もドラマの魅力のひとつだ。
1月スタートの日曜劇場 『グッドワイフ』 にぜひご期待ください!

コメント

博多華丸さん

出演依頼をされた時、どのように思われましたか?

とても光栄なことですし、ありがたいというか、責任を感じております。お邪魔にならないようにお邪魔させていただく所存でございます (笑)。

意気込みをお願いします

メインのみなさんのシリアスな場面の途中途中で出てくる感じなので、ちょっとホっとできる、そういう存在として活躍できたらいいなと思います。

弁護士という役柄ですが、何か準備はされましたか?

2キロくらい痩せました (笑)。まさかこんな着膨れするような衣装を着るとは思わなくて。もうちょっとパリっとしているかなと勝手に思っていたので、体型は関係なくなっちゃったんですけど (笑)。あとは標準語という僕にとっては一番の壁があるのですが、とりあえず今日 (の撮影) はなんとか乗り越えました。

難しい言葉もたくさん出てきますね?

今日も “自浄能力” というセリフがあったのですが、そういうあまり使ったことがない言葉が多いので、それをなんとか乗り越えたいとは思っています。

主演の常盤さんとの共演はいかがでしたか?

本当に面と向かって向かい合う場面が来るとは思いませんでした。この世界に入っておきながら別世界の方なので、緊張しましたし、とても 「愛していると言ってくれ」 とは言えなかったですね (笑)。そんな余裕は無かったということですね。

唐沢さん演じる壮一郎の弁護をするという役ですが、唐沢さんとはお会いになったことはありますか?

バラエティ番組ですれ違うくらいで直接お話するのはほぼ初めてです。でも宮迫 (博之) さんと仲が良かったり、芸人さんとよく飲みに行かれたりする話は聞いているので、ぜひ可愛がっていただきたいなと思います。

唐沢さんとの共演に向けて期待感や意気込みはいかがですか?

唐沢さんが出演されるドラマが好きで結構見ているので、間近でご本人を見られるのはうれしいなっていうのはあるんですけど、ドラマの前半は僕が一方的にしゃべるばかりなので、オーディションを受けているような気持ちになるんじゃないかなというのが心配ですね (笑)。

プロデュース・東仲恵吾

以前からテレビで活躍される中で、華丸さんの笑顔と、時に見せる鋭い一面に注目していました。そんな中、今回唐沢寿明さんをはじめとした検察側の一癖も二癖も濃厚なキャストが揃った中で、顧問弁護士の役を考えた時に、華丸さんだと思い、出演していただくことになりました。
予想通り “林” という役を華丸色に染めて、いい意味で “異質な芝居” を発揮してくださっています。ぜひ、俳優・博多華丸さんにご期待ください。

このお知らせをシェアする

出演者発表!

2018.12.09 up

常盤貴子演じる杏子の夫役に唐沢寿明が決定!
スキャンダルで逮捕された
“疑惑の” エリート検事に挑む !!

このたび、蓮見杏子 (常盤貴子) の夫・蓮見壮一郎役として新たに唐沢寿明の出演が決まった。
唐沢が日曜劇場に出演するのは、2015年に放送した 『ナポレオンの村』 以来4年ぶり、常盤とは2009年に公開した映画 「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」 の以来の共演で、今回が初の夫婦役となる。

唐沢が演じるのは、杏子の夫で次期検事総長としても期待されていた、元東京地検特捜部長の蓮見壮一郎。
壮一郎はある日突然、汚職疑惑と女性スキャンダルが持ち上がり逮捕され、一瞬にして家族も地位も名誉も失ってしまう。さらに取り調べでは、壮一郎との出世争いに敗れたものの、壮一郎の失脚により特捜部長に就任した脇坂 (吉田鋼太郎) と、元部下で腹心の間柄だった佐々木 (滝藤賢一) から追い詰められていくという役どころだ。

杏子の人生の歯車を大きく狂わせ、その後も様々な形で杏子を翻弄していく壮一郎は、汚職疑惑について否認を続けるが、その心のうちは誰にも読めない。むしろ、顧問弁護士を通じて策を講じる壮一郎の姿は、別の深い思惑さえも感じさせ…。果たして壮一郎はクロなのか、シロなのか?
物語が進むにつれて、予測のつかないスリリングなストーリーが展開していく。

また、女性スキャンダルによって夫婦関係にひびが入った壮一郎と杏子。杏子は子どもたちを守るために弁護士復帰を果たし、輝きを取り戻していく。そんな彼女の背後にいる多田 (小泉孝太郎) の存在に壮一郎は徐々に気持ちを乱され…。三人の人間模様はどうなっていくのか。そして、壮一郎の本心はどこにあるのか。

彼自身のイメージや定評のある演技で、老若男女を問わず好感度の高い唐沢が、女性スキャンダルと汚職疑惑のかかった元検事という役どころをどのように演じるのか。また、杏子の信頼を取り戻すことができるのか。ぜひ注目してほしい。

コメント

唐沢寿明さん

ご自身の役柄について教えてください。

私が演じるのは常盤貴子さん演じる蓮見杏子の夫・蓮見壮一郎で、エリート検事として特捜部長をしていたところ予期せぬスキャンダルによって逮捕されてしまうという役どころです。

常盤さんをはじめ、共演される方々への期待はいかがですか?

常盤さんは映画で共演したこともあり、他にも何名か共演したことのある俳優さんがいらっしゃるので、楽しみです。
この作品の原作を見たとき本当に面白くて、これを日本に置き換えたらどうなるんだろうと思っていました。

意気込みと視聴者へのメッセージをお願いします。

家族を支えるため16年ぶりに弁護士復帰する杏子の奮闘と、次々に真相が明らかになっていく壮一郎の事件。毎回目の離せないストーリーになっておりますので、ぜひご期待ください!

プロデュース・東仲恵吾

夫である壮一郎の逮捕。その事件に渦巻く思惑は、日本版として今回、ほぼオリジナル要素で描かれていきます。事件の真相に辿り着くまでに何重にも絡み合う人間関係から、目が離せません。
そして、主人公が弁護士に復帰するきっかけを作った夫は、この物語の柱のような存在です。
妻も、そして周りの人間も翻弄する圧倒的な存在感を発揮して演じていただく方と考えた時に、唐沢寿明さんだと思い、今回ご出演をお願いしました。
果たして、夫は本当に汚職をしたのか。妻とやり直せるのか。
ひと味もふた味も違う濃厚な人間ドラマをぜひお楽しみください。

このお知らせをシェアする

このページのトップへ