EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第557回2007年08月26日
プランタン−モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体(ベルギー)
遺産名:
プランタン−モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体
Plantin-Moretus House-Workshops-Museum Complex
所在地:ベルギー(Belgium)
分 類:C(ii)C(iii)C(iv)C(vi)
登録年:2005
放送日:2007年08月26日
放送回:第557回
プランタン−モレトゥスの家屋・工房・博物館複合体
previous on air
  next on air
onair access slide


中世、国際交易で栄えたベルギーの港町アントワープは、ヴェネツィア・パリと共に印刷三大都市のひとつだった。
photo

グーテンベルクがヨーロッパに活版印刷をもたらした100年後!)ひとりの風雲児が現れる。その名を「クリストフ・プランタン」。
photo

16世紀、プランタンの印刷所は世界最大の規模に築き上げられた。
当時の工房・膨大な活字・書物・商取引の記録・・・ありとあらゆるものが現存・保管されている。
photo

宗教改革に揺れるヨーロッパに生きたプランタンは、「この世の幸せ」という一編のソネット(詩)を残した。そこから、普遍的な出版人の生き様が見てとれる。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.