EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第554回2007年08月05日
ハバナ旧市街と要塞(キューバ)
遺産名:
ハバナ旧市街と要塞
Old Havana and its Fortifications
所在地:キューバ(Cuba)
分 類:C(iv)C(v)
登録年:1982
放送日:2007年08月05日
放送回:第554回
ハバナ旧市街と要塞
previous on air
  next on air
onair access slide


かつてヨーロッパと中南米の貿易中継地点として繁栄を極めていたキューバの首都ハバナ。そのハバナから金銀財宝を奪おうとする海賊(カリブの海賊)から自国を守るために強靱な要塞を幾つも築き上げた。モーロ要塞は壁の厚さが10mに達するところもあり、カリブ海最強の要塞とも言われている。
photo

18世紀に建てられたバロック様式の大聖堂。ハバナ旧市街の中心的存在である。
キューバ革命以降、キリスト教弾圧によりこの大聖堂を訪れるキューバ人は少なかったが、1998年ヨハネパウロ2世がキューバを訪問したことで和解。以降は再び多くの信者が訪れるようになった。
photo

キューバがスペインの植民地だった時代、スペインの官僚達は旧市街ににこぞって家を建設した。1982年に世界遺産となった旧市街には今でも当時スペイン人が暮らしていた家を修復しながらキューバの人々が住んでいる。
photo

スペインからの独立後、アメリカの実質支配国になったキューバ。その頃、アメリカとの文化交流も盛んだった。キューバ音楽が世界に広まったのも丁度その頃である。
街にはアメリカの国会議事堂とそっくりな旧国会議事堂がそびえ立つ。アメリカの国会議事堂の設計者が造った為、そっくりなのも納得。
photo

Copyright(C) 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.