EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第544回2007年05月20日
ピコ島のブドウ園文化の景観(ポルトガル)
遺産名:
ピコ島のブドウ園文化の景観
Landscape of the Pico Island Vineyard Culture
所在地:ポルトガル(Portugal)
分 類:C(iii)C(v)
登録年:2004
放送日:2007年05月20日
放送回:第544回
ピコ島のブドウ園文化の景観
previous on air
  next on air
onair access slide


リスボンから1500km、大西洋にうかぶアゾレス諸島。
島のひとつピコ島は、今も時おり噴煙をあげるピコ峰がそびえる火山の島である。
photo

大航海時代、ピコ島に入植した人々は島を覆う溶岩を打ち砕き、不毛の大地をブドウ畑へと変えていった。吹きつける潮風からブドウを守るため築かれた石垣は、地球2周分にもおよぶといわれている。
photo

ピコ島の独特の環境は、糖度の高いブドウを育み、高級デザートワイン ヴェルデーリョを生んだ。かつて、このワインをロシア皇帝も愛したという。
photo

害虫による被害などにより、ヴェルデーリョ・ワインの生産量は減ってしまった。
しかし、今も昔ながらの方法で、ブドウを育てワインを作り続ける人々がいる。
彼らによって、ピコ島の独特の景観が保たれているのだ。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.