EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第517回2006年10月22日
リマ歴史地区(ペルー)
遺産名:
リマ歴史地区
Historic Centre of Lima
所在地:ペルー(Peru)
分 類:C(iv)
登録年:1988,1991
放送日:2006年10月22日
放送回:第517回
リマ歴史地区
previous on air
  next on air
onair access slide


16世紀、海を渡ってきた征服者によって、アンデスに独自の文明を築いていたインカは滅亡した。
皇帝アタワルパを処刑、黄金の都クスコを占領し略奪の限りを尽くしたその男こそスペインのコンキスタドール(征服者)、フランシスコ・ピサロだった。
photo

インカを滅ぼしたピサロは、更なる植民地支配を進めるにあたり、母国との連絡をとりやすい海岸沿いに、拠点となる都市を建設する。
その街・リマは、時を経た現在もなおペルーの首都である。
photo

リマの旧市街には、教会や貴族の館など、植民地時代の建築が多く残る。
それらは南米にスペインの様式が持ち込まれ、文化が移植されていった様を今に伝える。
photo

旧市街の中心聳える大聖堂に、ピサロの棺が安置されている。
野心に燃えて海を渡り、インカを滅ぼし、ついには仲間割れから暗殺された征服者。
棺を開けると、そこには刀傷の残る骨が納められていた。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.