EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第488回2006年03月26日
クルアーニー/ランゲル・セントイライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー・アルセク(アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群)II(カナダとアメリカ合衆国)
遺産名:
クルアーニー/ランゲル・セントイライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー・アルセク(アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群)II
Tatshenshini-Alsek/Kluane National Park/Wrangell-St.Elias National Park and Reserve and Glacier Bay National Park
所在地:カナダとアメリカ合衆国(Canada & United States of America)
分 類:N(ii)N(iii)N(iv)
登録年:1979,1992,1994
放送日:2006年03月26日
放送回:第488回
クルアーニー/ランゲル・セントイライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー・アルセク(アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群)II
previous on air
  next on air
onair access slide


「グレイシャー・ベイ=氷河湾」。切り立つ山々から細長い入り江めがけて幾筋もの氷河が流れ込む、特異な地形で知られる。
photo

水面から顔を出すラッコ。他にも、この極北の海にはザトウクジラなど多くの動物の姿が見られる。
photo

長い時をかけて山から流れ下ってきた氷河は、その先端で轟音と共に海へと崩れ落ちていく。
photo

近年、氷河の多くが後退・減少を続けており、それを地球温暖化の証とする声も高い。しかし、氷河には急減な前進と後退を繰り返すなど複雑なサイクルがあり、そのメカニズムはまだまだ解明されていない。アラスカ・カナダの氷河地帯には、地球環境の未来を占う鍵が秘められている。
photo

Copyright(C) 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.