EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第487回2006年03月19日
クルアーニー/ランゲル・セントイライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー・アルセク(アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群)I(カナダとアメリカ合衆国)
遺産名:
クルアーニー/ランゲル・セントイライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー・アルセク(アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群)I
Tatshenshini-Alsek/Kluane National Park/Wrangell-St.Elias National Park and Reserve and Glacier Bay National Park
所在地:カナダとアメリカ合衆国(Canada & United States of America)
分 類:N(ii)N(iii)N(iv)
登録年:1979,1992,1994
放送日:2006年03月19日
放送回:第487回
クルアーニー/ランゲル・セントイライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー・アルセク(アラスカ・カナダ国境地帯の山岳公園群)I
previous on air
  next on air
onair access slide


カナダ最高峰・ローガン山の夜明け。極北の夏は白夜の季節。太陽がつかの間姿を隠すと、宇宙を思わせる菫色の空が山々を包む。
photo

アラスカとカナダの国境地帯に広がる4つの国立公園は、合わせてひとつの世界遺産となっている。山々に積もった雪は巨大な氷原となり、そこから流れ出す無数の氷河は、南極・北極に次ぐ大氷河地帯を形成。それはまるで巨大な冷凍庫のように、地球の気温や大気の循環に大きな影響を与えている。
photo

この地域の氷河は、その美しい模様で知られる。表面の黒い線は、2つの流れが合流する際に、狭間にある土砂を巻き込むことで生まれる。幾筋もの線は、高地から幾度と無く合流を繰り返しながら長い距離を旅してくる、アラスカ・カナダ国境地帯の氷河ならではのもの。
photo

白い山々の麓には手つかずの自然が残り、グリズリーやドールシープなど、多くの動物たちの貴重な棲みかとなっている。
photo

Copyright(C) 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.