EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第476回2005年12月25日
リトルポーランドの木造教会群(ポーランド)
遺産名:
リトルポーランドの木造教会群
Wooden Churches of Southern Little Poland
所在地:ポーランド(Poland)
分 類:C(ii)C(iv)
登録年:2003
放送日:2005年12月25日
放送回:第476回
リトルポーランドの木造教会群
previous on air
  next on air
onair access slide


ポーランド南部リトルポーランド地方。山と湖に囲まれたこの地方では、多くの木造教会が建てられた。木造教会の建築に関わる事は貴族の名声を高めるため、多くの貴族が出資した。スターリン時代には新しい教会を作る事が許されなかったため、 ポーランドの人々は既存の木造教会を大切に使ってきたのである。
photo

センコバ教会。この教会の屋根は、ゴントと呼ばれる楔形の板を重ね合わせて作られている。ひとつひとつを斧で削るため、とても割れやすい。そのため、ひとつの教会を建てるために3倍もの木材を費やさなければならなかった。この地方の古くから伝わる建築技法である。
photo

17世紀に作られたパイプオルガン。リトルポーランド地方で作られた独特なスタイルをしている。演奏する人と空気を送り込む人。二人が協力して音色を響かせる。
photo

クリスマス前。多くの村人が1年のしめくくりとして懺悔のために木造教会を訪れる。
そしてそれぞれの家庭でクリスマスイヴの夜を迎える。クリスマスディナーは、ポーランド風のワンタン「ウシュカ」など、肉を使わない料理がテーブルに並ぶ。メインディッシュは鯉料理。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.