EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第411回2004年08月29日
チキトスのイエズス会伝道施設(ボリビア)
遺産名:
チキトスのイエズス会伝道施設
Jesuit Missions of the Chiquitos
所在地:ボリビア(Bolivia)
分 類:C(iv)C(v)
登録年:1990
放送日:2004年08月29日
放送回:第411回
チキトスのイエズス会伝道施設
previous on air
  next on air
onair access slide


国土の三分の一をアマゾンのジャングルが占める国、ボリビア。17世紀、新大陸へのキリスト教の布教に最も力を入れた集団、イエズス会の修道士たちはこのジャングルに分け入り、切り開き、ミッションと呼ばれる布教区を次々に建設した。当時の面影を伝えるチキトス地方に残された六つの教会は1990年世界遺産に登録された。
photo

最後につくられたミッション、サンタ・アナ。世界でも珍しい、バロック様式の木造教会。イエズス会の修道士たちは植民地での迫害から先住民を救う目的もあって、教会を中心に学校や農場や作業場をそなえた理想のコミュニティーを建設した。それはまさに、トマス・モアの「ユートピア」を具現化しようとした試みだった。
photo

聖パウロの姿で教会のファサードに描かれた、神父にして建築家、スイス人のハンス・ロス。チキトスの教会に惚れ込んだ彼は、その修復に人生の後半を捧げることになる。当初半年の滞在予定は、なんと30年にもおよんだ。先住民たちは彼の功績をたたえ、教会のファサードに聖パウロの姿で彼の姿を残した。
photo

ハンス・ロスによる教会の復興にともない、かつて布教区で行われていたバロック音楽の演奏もまた復活した。イエズス会が布教した当時と同様、器楽奏者を含めた聖歌隊が今日もその美しい歌声を教会で披露する。そして人々は毎日熱心に教会に通う。イエズス会が残したカトリックへの信仰は消えることはなかった。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.