EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第406回2004年07月04日
ポルト歴史地区(ポルトガル)
遺産名:
ポルト歴史地区
Historic Centre of Oporto
所在地:ポルトガル(Portugal)
分 類:C(iv)
登録年:1996
放送日:2004年07月04日
放送回:第406回
ポルト歴史地区
previous on air
  next on air
onair access slide


大西洋に注ぐドウロ川。その河口を見下ろす丘の斜面に沿ってポルトの街は広がっている。一千年以上の歴史は、雛壇状に積み重ねられた美しい街並みを作り上げた。大西洋から吹く風のおかげで、ポルトは一年を通じて過ごしやすい気候に恵まれている。
photo

サン・フランシスコ聖堂。17世紀から18世紀、時の王は、植民地であったブラジルから、およそ600kgもの純金を持ち込み、この聖堂を飾り立てた。祭壇ばかりでなく、聖堂内の天井、柱、壁までもが黄金に彩られた木彫りの装飾で埋め尽くされている。
photo

ボルサ宮。宮殿に似た外観を持つボルサ宮は、ポルトガル最初の巨大な鉄筋建造物でもあり、つい最近まで証券取引所として使われていた。ボルサ宮の中でも特に目を奪われるのが、スペインのアルハンブラ宮殿を手本にして作ったという「アラブの間」。ポルトガルの力を外国に見せつける道具だった。
photo

10世紀に生まれた「ラベロ」と呼ばれる独特な船。ポルトの繁栄を支えた産業は、ワイン製造であった。ドウロ河上流で作られたワインは、熟成のためにラベロ船に積み込まれポルトまで運ばれた。当時、激流を下る4日間の航行はまさに命懸けの仕事だった。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.