EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第329回2002年12月01日
バチカン市国(バチカン)
遺産名:
バチカン市国
Vatican City
所在地:バチカン(Holy See)
分 類:C(i)C(ii)C(iv)C(vi)
登録年:1984
放送日:2002年12月01日
放送回:第329回
バチカン市国
previous on air
  next on air
onair access slide


最も大きな精神世界の中心に位置する、世界最小の国家バチカン市国。全世界に広がるカトリック信者は、およそ9億5千万人。その信仰の拠り所となる総本山が、バチカン市国の中枢、サン・ピエトロ大聖堂。
photo

サン・ピエトロ大聖堂。16ある大窓から降りそそぐ日の光。1546年、ミケランジェロは、大聖堂建設の指揮を任される。ミケランジェロは、クーポラ=丸屋根を設計。直径42m、高さ136m。この工事には800人の人々が22ヶ月間、昼も夜も働かなければならなかった。
photo

バチカン宮殿とサン・ピエトロ大聖堂の間にあるシスティナ礼拝堂。ここは、コンクラーベという教皇を選ぶ選挙が行われた場所。16世紀のはじめ、教皇ユリウス二世は天井画の制作を、ミケランジェロに依頼。高さ18mのところに天地創造から大洪水、ノアによる人類の再生まで「創世記」の物語が九つのフレスコ画で描かれた。
photo

「最後の審判」。ミケランジェロが渾身の力をこめて描き出したキリストの肉体。「人間は、神の姿に似せて作られたものであり、この世界で真に美しく、また真実を語るものは裸体である」。
photo

Copyright(C) 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.