EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第172回1999年10月10日
メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ(メキシコ)
遺産名:
メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ
Historic Centre of Mexico City and Xochimilco
所在地:メキシコ(Mexico)
分 類:C(ii)C(iii)C(iv)C(v)
登録年:1987
放送日:1999年10月10日
放送回:第172回
メキシコ・シティ歴史地区とソチミルコ
previous on air
  next on air
onair access slide


人口およそ二千万人と言われる、世界最大の都市メキシコシティ。この大都市の地下には、もう一つの都市が眠っている。1978年、ソカロ(中央広場)で電気工事中の作業員が偶然に発見したテンプロ・マヨール(大神殿)。それは、歴史の闇に埋もれたアステカ文明の実態に初めて触れるものだった。
photo

14世紀、メキシコ高原の巨大な湖に浮かぶ小島に、流浪の民アステカは高度な文明をもつアステカ帝国を築く。それは、地上最後の古代帝国だった。しかし、その繁栄も束の間のものだった。1519年、神の不吉な予言通りに、スペインの征服者はメキシコの地へと上陸、2年後アステカは、もろくも滅亡した。
photo

アステカ人は、この世のあらゆる自然現象に、神々の存在を見た。メキシコ南西部の山間の村に暮らすアステカの末裔達は、カトリックの祝祭に形を借りながら、先祖伝来の雨乞いの儀式を今も続けている。風の化身コトラトラスは、村に雨雲を運び、ジャガーの仮面をつけた男達が、激しく闘えば闘うほど雨が降るとされている。
photo

「アステカの生きた遺跡」と言われるソチミルコ。ここでは、アステカ人の生み出した独創的な農耕法が受け継がれている。チナンパと呼ばれる人工の浮き島、湖に浮かべた葦の筏の上に湖底の泥をすくい上げ、畑にした。主食のトウモロコシ栽培で比べると、この農法では1.5倍の収穫量があると言われている。
photo

Copyright(C) 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.