EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第136回1999年01月17日
屋久島I(日本)
遺産名:
屋久島I
Yakushima
所在地:日本(Japan)
分 類:N(ii)N(iii)
登録年:1993
放送日:1999年01月17日
放送回:第136回
屋久島I
previous on air
  next on air
onair access slide


周囲100kmほどの島に、2000m近い険しい峰々がひしめく威容は、まさしく海上アルプスである。最高峰の宮之浦岳(1935m)をはじめ、九州の上位7番目までを屋久島の山々が占めている。
photo

海岸付近は亜熱帯だが、急峻な山肌をかけあがるごとに、深い森は、南国から北国への表情を変え、厳冬期の山頂付近は、積雪に覆われる。亜熱帯の島で見る雪景色である。
photo

樹齢1000年以上のものだけが「屋久杉」と呼ばれ、島の人々は巨大杉に畏敬と愛着をもって「紀元杉」「夫婦杉」「大王杉」など名前を付けている。縄文杉は、幹の直径は16mあまり、屋久島最大の杉である。
photo

標高1100mの山中に苔むした巨大な株。切り口の直径は4mあまり、屋久杉の存在を世界に報じた植物学者の名前にちなんで、ウィルソン株と呼ばれている。江戸時代以来、伐採が続けられた屋久島の森は、全山に渡って杉の古い切り株があり、人の暮しと深く関ってきた森である。
photo

Copyright(C) 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.