EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第135回1999年01月10日
白神山地(日本)
遺産名:
白神山地
Shirakami-Sanchi
所在地:日本(Japan)
分 類:N(ii)
登録年:1993
放送日:1999年01月10日
放送回:第135回
白神山地
previous on air
  next on air
onair access slide


約8000年前、日本では縄文文化が始まる頃からブナの原生林は、野生の命の調和とバランスを保ちながら小宇宙を形成してきた。白神山地中心部170平方キロメートルが1993年、世界遺産に登録された。
photo

ブナの森のシンボル、天然記念物のクマゲラは'83年に生息が確認された日本で一番大きな啄木鳥である。巣作りのため大木を倒すほどの大きな穴を掘ることもある。一つがいが生息するために300haのブナの原生林が必要とされる。
photo

150〜200年で高さ30mの木に育つブナは、8t以上の水を蓄えると言われる。天然の水瓶と称されるその保水力で、何千年もの歳月をかけてできた腐葉土の層はひんやりとして柔らかい。倒れた老木の後に新芽が伸び、世代交代を繰り返す。
photo

新しい生物の発見や白神山地にしかいない固有種など遺伝子の宝庫である。氷河期をたくましく生き抜いた植物にも野生の息吹を感じさせられる。現在どれほどの生物が生息するかまだわかっていない。
photo

Copyright(C) 1995-2022, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.