EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第104回1998年05月17日
ジェンネ旧市街(マリ)
遺産名:
ジェンネ旧市街
Old Towns of Djenne
所在地:マリ(Mali)
分 類:C(iii)C(iv)
登録年:1988
放送日:1998年05月17日
放送回:第104回
ジェンネ旧市街
previous on air
  next on air
onair access slide


マリ共和国中央部、アフリカ第三の大河ニジェールが形作る内陸デルタに、13世紀から15世紀にかけて塩と金の黄金交易で繁栄した都市・ジェンネはあった。
photo

ジェンネとは、アラビア語で「天国」を意味する。街中でよく見られる2階建ての住居は、スーダン様式と呼ばれ、日干しレンガを積み上げたうえに、粘土で楓ハを塗り固めて建てられている。
photo

旧市街の中心部に聳えたつ泥で作られたものとしては世界最大のモスク。
壁から無数に突き出したヤシの木の梁が、独特の美術的効果を与えている。
photo

現在、ジェンネには砂漠化・乾燥化の危機が迫っている。「黄金交易で栄えた」都市も今やその記憶と遺産を糧に生きているのである。
photo

Copyright(C) 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.