EY
-- W -- -- --
ARCHIVE
SITE SEARCH
SITE INFO
第100回1998年04月19日
バンディアガラの断崖(ドゴン人の集落)(マリ)
遺産名:
バンディアガラの断崖(ドゴン人の集落)
Cliff of Bandiagara (Land of the Dogons)
所在地:マリ(Mali)
分 類:N(iii)C(v)
登録年:1989
放送日:1998年04月19日
放送回:第100回
バンディアガラの断崖(ドゴン人の集落)
previous on air
  next on air
onair access slide


西アフリカ・マリ共和国のほぼ中央、サハラ砂漠の南に接する 乾燥した大地に高低差500メートル、南北400キロ以上に渡って、そそり立つ巨大なバンディアガラの断崖。
photo

そこには驚くべき光景が広がっている。急斜面にへばりつくように建てられている家や穀物倉。この奇妙な集落に暮らす断崖の民、それがドゴンなのだ。
photo

断崖で育まれたドゴンの文化、その一つである仮面は20世紀に入ってヨーロッパ前衛芸術全体に大いなる影響を及ぽした。20世紀始め、アフリカの仮面と出会った事によりパブロ・ピカソはその後の革命的絵画技法キュビズムを生み出した。
photo

ドゴンの人々の生活も、その神話的世界観に彩られている。「人間を作り出した精霊は、この織りをしながら我々に様々な仕事を教えたのだ、機織りの音は言葉そのものを意味するのだ」と彼らは語り、機織りは男達の最も神聖な仕事とされている。
photo

Copyright(C) 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.