『この初恋はフィクションです』

2021年9月4日(土)

出演者情報

主演発表前に異例の先出し解禁第弾!
主人公・泉を支える主要キャストを発表

開業医として忙しく働きながら、
教育にも熱心な泉の母親・倉科祥子役に坂井真紀
顔も姿も見たことがない「不思議な転校生」の
天真爛漫な母親・祖父江麻里役に矢田亜希子
TBSでは10月から『この初恋はフィクションです』を、月曜日から木曜日の深夜24時40分から15分枠でお届けする。「よるおびドラマ」として深夜にドラマを帯番組で放送するのはTBS史上初の試みとなる。企画・原案には多くの話題作を手掛ける秋元康、脚本を『おっさんずラブ』シリーズ(EX)、『私の家政夫ナギサさん』、『恋はDeepに』(NTV)などを手掛けた、今最も勢いのある脚本家の一人である徳尾浩司が務めるオリジナルの青春群像ラブストーリーだ。

また、民放初の試みとして、YouTubeで全話配信を実施。1話約15分という特性を活かし、若い世代に通学・通勤時間などの隙間時間にいつでも本作を楽しんでいただけるよう、月曜日から木曜日の放送回をその週の金曜日にYouTubeで一挙配信する。
本ドラマは、毎週土曜深夜に放送中の『私が女優になる日_』で全国9000人の中から選ばれた10人による演技バトルで1位に輝いたメンバーがドラマ初出演にして初主演を務め、その他主要キャストである女子生徒役も演技バトル上位者が演じる。

そしてこのたび、本作の主人公・倉科泉を支える主要キャスト第2弾を発表。先週に引き続き、主演キャストの解禁を前に異例の先出し解禁となる。

開業医として忙しく働きながら、教育にも熱心な泉の母親・倉科祥子(くらしな・しょうこ)役に坂井真紀。クラスの誰も顔も姿も見たことがない「不思議な転校生」祖父江広樹の天真爛漫な母親・祖父江麻里(そぶえ・まり)役に矢田亜希子が決定した。坂井演じる祥子は眼科の開業医で日々忙しくしているが、子どもの教育には熱心で、泉が自分と同じように医者になりたいと思っていると信じて疑わない母親という役柄。親の望む進路と自分が進みたい進路に悩む高校2年生の泉と母親との微妙な距離感や空気感を巧みに演じる。

矢田が演じる麻里は、本ドラマの鍵を握る「不思議な転校生」祖父江広樹の母親で、泉が祖父江家に宿題を届けた際に、息子のLINE友達になってくれないかと頼むなど、一見息子想いの母親。しかし、どこかミステリアスで浮世離れした空気感を放つ人物だ。数々の作品で圧倒的な存在感を放つ実力派女優陣が物語に花を添える。それぞれの親子の関係性にも注目していただきたい。

来週9月11日(土)に放送する『私が女優になる日_』の放送内で、ついに本ドラマの主演と主要キャストである女子生徒役が発表となる。演技未経験から約半年でドラマの主演女優になるという、新たな令和のスター誕生の瞬間をお見逃しなく。

コメント

坂井真紀さん

今の若い子たちの進路の悩みや恋、SNSでのやりとりを含めて、大部分は母親目線でやきもきしながら、そして、私たちの時代とも共通する学生時代のあれこれは少し懐かしく、とても楽しく台本を読ませていただいています。顔が見えない相手に恋をすることはとても新鮮で、この恋の行方が楽しみです。
私が演じる主人公の泉の母親の祥子は、とてもいい母親です。娘との会話の中で素敵だなと思う台詞がいくつもあります。泉と一緒に、親子らしい生き生きとした距離感、空気感が出せればいいなと思っています。
今回、このドラマでデビューする子が多いですが、デビュー作は人生で一度きりですし、今しかできない、彼女たちにしか出せない魅力が現場でもキラキラとあふれています。そこもこのドラマの大きな見どころだと思います。

矢田亜希子さん

フレッシュな方ばかりということもあり、現場の雰囲気がとても楽しいです。
とても初々しい初恋の可愛らしい脚本で、顔の見えない相手に恋をするというのも新鮮ですし、学生時代の恋愛を思い出しつつ、共感しつつ読ませていただいています。
メインキャストの女の子たちは初めてのドラマなのにとても堂々としていて、物怖じしていない感じでしっかりしていました。その様子を見ていると、自分が制服を着てドラマに出ていた時代を思い出しました。フレッシュなみなさんの演技や成長していく姿も注目です。私は「不思議な転校生」の祖父江くんのお母さんなのですが、常に明るくて天真爛漫だけど少し謎めいた部分もあるので、そのあたりも注目していただければと思います。

プロデュース:松本友香

坂井真紀さんに演じていただく泉の母親の祥子は、娘を想うからこその衝突もありますが、
その様子が本当にどの親子にも「こんな時期、一度はあったなぁ」と思ってもらえると思います。
また坂井さんの作り出す祥子さんと娘の距離感が思春期の子を持つ母としてとてもリアルで、素敵です。
現場では今回デビューする彼女たちを温かく見守ってくださり、その優しい眼差しに救われています。
矢田さんに演じていただく祖父江広樹の母・麻里さんは、一見明るくて華のあるお母さんですが、
どこかミステリアスで何かありそうな雰囲気がプンプンしています! そんな麻里さんを矢田さんが「こんな感じは? どう?」と楽しんで作り上げてくださっています。
矢田さんにしかできない、この物語のカギとなる 「祖父江広樹」のお母さんになっていますので、是非怪しんで楽しんで見ていただければと思います。
それぞれ全く異なるタイプの高校生の子を持つ母親たちにご注目ください。

ページトップへ戻る



関連リンク