バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #672 2019.6.8 O.A.

バックナンバー
世界を目指す中学生!グランデ・アメージングアカデミー山梨
今日本サッカー界でスーパースターへの道を歩む一人の選手が注目を集めている。今年、17歳の若さでA代表に選出された久保建英だ。彼は、まだ小学生の時に、クラブワールドカップを3度制したスペインのビッククラブ・FCバルセロナのキャンプに参加し見出され、その下部組織で鍛えられ飛躍的に成長を遂げた日本サッカー界のホープだ。
そして今年、第2の久保を育成しようと日本で一大プロジェクトが動き出した。2019年4月、山梨県の人口5,000人の町に『グランデ・アメージングアカデミー・山梨』が開設され、日本各地から24人の小学校を卒業したばかりの少年が集まった。彼らは皆、全国大会に出場するなどの実績を積んだエリートたちだ。三重県からやって来た川合大地くんは天才的なボール裁きを見せるテクニシャンだ。Jリーグのジュニアユースからも誘われたが、迷うことなくこのアカデミーを選んだ。他にも将来の日本代表候補として、ナショナルトレセン制度で強化指定を受けている少年もいる。そんな子供たちが集まるこのアカデミーで、キャプテンを務めている山田逞人くん。大阪の天才サッカー少年として雑誌で特集が組まれるなど、その名は全国に知れ渡っている。彼が大切にしている一枚の写真を見せてくれた。8歳の時、当時13歳だった久保建英と撮ったものだ「今めちゃくちゃ活躍している。僕も海外に行くとしたら18歳位で行かないと世界で通用しない」このアカデミーに集まった少年たちの目は、既に世界に向けられているのだ。
子供たちを指導するコーチ陣も超一流。ヨーロッパ最高位の指導者資格を持つスペイン人のダリオ・ロドリゲス。日本人で初めてFCバルセロナのスクールコーチを務めた村松尚登。アカデミーは、二人を中心に『エコノメソッド』と呼ばれるヨーロッパ最先端のトレーニング法を取り入れ、イニシアチブを取り続け美しく勝利するサッカーを哲学としている。練習で最重要としているのは“認知”と呼ばれるポイント。試合中に何を見て、どう判断するかということだ。ダリオコーチは「日本のサッカーは,技術力はあるが、認知が弱い」と指摘する。ほとんどの時間をこの“認知”のためのトレーニングに充てられている。コーチはプレー中でもそれを度々中断して質問を繰り返す。子供たちに自分のプレーを説明させて、考える習慣を徹底的に植え付けているのだ「一方的にプレーを指示すれば、考えずにやってしまう。自分でよく考え、様々な状況を打開できる選手に育ってほしい」とコーチ陣は期待している。
開校から一カ月、難易度の高いトレーニングの成果を試す機会が訪れた。Jリーグのジュニアユースや強豪との対外試合。ボールを奪われそうになっても、味方のカバーを見つけ相手に渡さない。攻撃でも、広い視野で有利なスペースを探して一気に攻め上がる。試合を重ね、アカデミーのパスワークが良くなり、強豪相手にボール支配率が60%を超える。アカデミーの少年たちは、6戦全勝で優勝という結果を手にした。
世界を見据えた少年たちが『常に周りを見て、自分で状況を判断し、最善のプレーを選択する力』を手に大きく育った時、日本サッカー界に大きな実りをもたらせてくれるだろう。
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.