バックナンバー:バース・デイ

BACK NUMBER #613 2018.4.7 O.A.

バックナンバー
マスターズに37歳で初参戦 宮里優作と家族の絆
2018年4月5日に開幕したマスターズ。このゴルフ界、世界最高の舞台に37歳で初めて辿り着いた男、宮里優作(37)。宮里3兄弟の次男。かつては国民的人気を博した妹・宮里藍をしのぐ逸材として期待されていたのだが、プロ転向から10年間、1度も優勝なし。地獄を味わった。そんな暗闇の中からいかにして彼は這い上がったのか?遅咲きのプロゴルファー・宮里優作。マスターズ出場の舞台裏に隠された家族との熱き絆の物語とは?
マスターズ本戦前日、専門のショートホールをラウンドするパー3コンテスト。このイベントには参加選手が家族や友人と一緒にラウンドができる。そのため、自分を支えてくれる人たちへの一時の恩返しとして楽しみにしている選手も少なくない。宮里優作もその1人。彼がともにラウンドしたのは妻と2人の子ども、さらに2017年に引退した妹・宮里藍も駆けつけた。そんな家族の中で、優作がとりわけマスターズの舞台に立つ自分の姿を見せたかったのが、父・優さんだった。父をマスターズに連れていく。それは優作が高校生の頃、父と交わした約束。その約束は長きに渡り、家族全員の悲願となった。しかしプロ転向から実に16年。マスターズへの道はあまりに遠く、想像を絶するほど険しいものだった。
アマチュア時代からゴルフ一家として注目された宮里3兄弟。3歳年上の兄・聖志は一足先にプロに転向。5歳下の妹・藍は、後に大旋風を巻き起こす。そんな2人に挟まれた優作は、宮里家随一の素質の持ち主だと言われていた。ゴルフの強豪・東北福祉大学では、日本学生ゴルフ選手権3連覇。さらにアマチュアながらプロツアーで9度もトップ10入りを果たし、プロになれば頂点に立つのは間違いないと囁かれた。3兄弟の才能を引き出したのが、ゴルフのティーチングプロ、父・優さん。常に完璧を求める優作を褒めながら才能を開花させた。そして父は大きな夢を託した。世界最高の舞台、マスターズへの出場。その夢はすぐに実現すると信じていた。
2002年、大学卒業を目前に22歳の優作は、満を持してプロに転向。抜群の飛距離と正確無比なショット。新人とは思えない実力を見せ、1年目から何度も優勝争いに食い込んだ。一方、妹・藍も高校3年生でプロに転向すると1年目でいきなり5度の優勝を果たし、一躍日本中から注目された。2006年には、兄・聖志も28歳でツアー初優勝。3兄弟はメディアに多く取り上げられるようになった。しかしこの頃、優作はある苦悩を抱えていた。それは肝心の勝負どろこでミスが出てしまうこと。プロ転向から10年間、最終日最終組みに入り、優勝争いを演じること15回。それでも優勝することができなかった。原因はメンタル面にあった。完璧を求めるあまり、わずかなミスが後を引き、勝負所で崩れてしまう。そして、結果がともなわず、ますます追い詰められる。泥沼にはまっていた。その間に次の世代が台頭。先を越された。なぜ自分は優勝できないのか?追い詰められた優作の転機は妹・藍によってもたされた。彼女は2010年、アメリカーツアーで年間5勝をあげ、日本人初の世界ランク1位に輝いた。その活躍を支えていたのがメンタルトレーナー。優作は指導を受けることにした。まず取り組んだのは、プレー中の考え方を180度変えること。全てに完璧さを求めるのを止め、課題を目の前に設定し1つ1つクリアする。そして反省するのは1打ごとではなく、ラウンドが終わった後に行う。さらに心と体を整える呼吸法を学んだ。呼吸を深く、一定のリズムで安定させる。これがどんな時でも出来るようになれば、体の操作性が高まり、パフォーマンスを最大限に引き出せると言われている。新たな取り組みを続けて3年。プロ11年目の2013年ツアー最終戦。33歳になった優作は、16度目の最終日最終組に臨んだ。単独首位でスタートした優作は、これまでとは違う姿を見せる。そしてプロになって11年、長きに渡り苦しみつ付けた男が、家族の前でついに栄光をもぎ取った。その後、優作は呪縛から解き放たれたように優勝を重ねた。2015年には賞金ランキング2位に。さらに2017年には、年間4度のツアー優勝で、自身初となる賞金王を獲得。そしてマスターズの出場条件である年末の世界ランク50位以内をクリアした。高校生の時、父と交わした約束を優作は37歳でついに叶えた。
ようやく辿り着いた最高の舞台、マスターズ。果たして宮里はどんな戦いを見せたのか?
[BACKNUMBER]
banner_AD
Loading…

SNS

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2021, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.