●特集一覧

  • [1]

第2期 スタッフコメント

9月29日更新

●監督:山田尚子さんコメント

今回の「訪問!」。
唯達の三年間のまとめと、まだ見ぬ軽音部の未来と。
いままで続いてきたアニメシリーズ「けいおん!!」のラストを飾るお話はやっぱりいつもの軽音部です。

「新歓ライブがんばれよー」という部長の言葉が梓の背中を力強く、
愛情たっぷりに押していて引き継がれていく軽音部の未来をすこしだけ想像できて、なんだかとても感慨深いです。
部長かっこいいよ!

「けいおん!」「けいおん!!」をいままで見て下さった方々、本当にありがとうございました。
きっといろいろな道筋でこの作品にたどりついていただいたのだと思います。
この「けいおん!」シリーズが、見てくださった方の心をぎゅっとつかめてるといいなぁ。

自分の心はもう、ぎゅっ!というかがっちり唯たちにつかまれてしまってて大変です。

けいおん部のみんな、さわちゃん、和ちゃん、憂、純ちゃん、クラスメイトのみんな、
聡、とみさん、川上さんも紀美もみんな本当にありがとう。
あととんちゃんもっ。

それと、キャストの皆さん、スタッフの皆様。そしてかきふらい先生。ありがとうございました!

けいおんを愛してくださったすべての皆様。本当に本当にありがとうございました!!

●背景担当:田峰育子さんコメント

背景担当をさせていただいている田峰です。

今回さわ子先生のマンション初登場ということで新しく美術設定とボード(背景作業時に使う色味の見本)を描かせていただきました。

さわ子先生のあの音楽性を押し出すか、女性らしさを押し出すかで迷ったのですが、監督と相談して後者でいくことになりました。
あまり大人しくなりすぎないように、所々赤などの原色を入れてみたり、
音楽の好みを考慮した色使いを小物に加えてバランスをとっています。

26話では特に、巣立つ生徒を思うさわ子先生に自分の視点が重なりあった話数でした。

キャラクターを可愛いものやあたたかいもので満たしてあげたい、
という気持ちが湧き出てくる感覚を知ることができたのは、本当に貴重で幸せな体験でした。

この作品に携われてよかった!唯たちに出会えてよかった!これからもよろしく。

9月22日更新

●色彩設計:竹田明代さんコメント

けいおん!!色彩設計及び25話の色指定を担当させて頂きました竹田です。

“—やつらが帰ってきた— THE 軽音部 ”というわけで彼女達が帰ってきました!

映画の予告編さながらのシーンは色を作るのにも特に気合いを入れました。
いつもとちょっと違う『けいおん!!』は楽しかったです。

見所はもちろん(?)「全米震撼ケロー」です。
さわ子先生は凄いと思います………イロイロなイミで。

けいおん!!に関わる事が出来て幸せでした。
唯達のかけがえない高校生活をキラキラに彩る事が出来ていたら嬉しいです。

残す所あと1話。もう少しだけ彼女達を見守ってあげて下さい!!

●撮影監督:山本 倫さんコメント

さて、みなさん、25話は楽しんで頂けたでしょうか?

撮影監督をやっております山本倫です。

軽音部の何気ない日々を何気なく撮影...
いや、200%の気持ちで撮影しました。(笑)

卒業した彼女たちの日々をさかのぼってみると、センチメンタルな気分になってしまいまいます。
あー、あの日々は輝いてたんだなって後になって気付かされます。

最後に、トンちゃんが3DCGの所があるので、答えはお伝えできませんが是非トンちゃんを探せゲームをして下さい。

9月15日更新

●監督:山田尚子さんコメント

最終回の絵コンテ演出を担当しました山田尚子です。

唯たちの卒業です。
たくさん描きたいことがありすぎて、コンテ用紙の前でジタバタとのた打ち回った最終回。
いろんなことをコネコネ考えましたが、やはり唯たちには最後まで唯たちでいてほしい。

前を見てぐんぐん進んでいく彼女達に回想は必要ありません。
ずっと輝いて今を走り続けているのがいちばんけいおん部らしいです。

たださわ子と梓にはすこしだけ思い出に浸らせてあげてください。
私も思い出浸り組にいれてもらおう。オイテカナイデ〜。

唯たちの一挙一動をスタッフ一同大切に拾い上げて、大事に大事に作り上げた最終回です。
どうぞ笑顔で唯たちの卒業をお祝いしてあげてください。

●総作画監督・キャラクターデザイン:堀口悠紀子さんコメント

最終回作画監督を担当させていただきました、堀口悠紀子です。
とうとう最終回。唯達の卒業式です。

第1期からここまでの道のり、長かったような短かったような…いや、短くはないかな(笑)
唯達4人は大学も一緒ですが、梓やさわ子とはここで一度お別れです。なので、比較的心情は後者の方に重きを置かれていると思います。
唯達がまっすぐ前を向いて走っていく姿に物想うのは、残されるさわ子や梓の方(監督談)。あるいみ視聴者と同じ視点ですね。
彼女達からみれば、唯達はきらきらと輝いて見えるはず。最終回は梓やさわ子の表情を特に丁寧に追ったつもりです。
変わらないように見えて確実に何かを感じている唯達ももちろんです。
コンテを読んだ時に感じた雰囲気をできるだけ表現できるように努力したつもりですが、いかがでしたでしょう??

いつも大人としての一線を引いているさわ子が見せる弱さには、さわちゃんも普通の女の子(?)なんだよなぁ、胸が締め付けられました。
寂しさを見せないように必死に振舞う梓の健気さも愛しいです。置いてかないで唯〜…!
…ともあれお別れは寂しいですが、どのキャラクターも前向きな強さを持っている子達なので、とても爽やかな気分でもあります。

スタッフキャストの皆様お疲れ様でした&視聴者の皆様、ありがとうございました。
番外編がまだ続きますが、唯達の学園生活もうしばしの間お楽しみを。。

9月8日更新

●楽器作監:高橋博行さんコメント

楽器の作監を担当させていただいております高橋です。

今回は進路も決まりあとは高校を卒業するのみ、春も近しというお話です。

これほど平和な状況など人生においてそう何度もあるものでもなく、
新しい生活への期待も不安も持ち、且つ過ごしてきた時間への思い出も振り返る。
自分もそういう時期は通ってきたよなあと懐かしく、でもうらやましく思いながら作業しておりました。

楽器も部室もいつも通り。でもこの前までとはちょっと違う。その空気、いいものです。

唯たちの高校生活もあと少しになりました。
春はいいですね。

●撮影監督補佐:植田弘貴さんコメント

撮影監督補佐をさせて頂いています植田です。

今回23話は撮影では彼女達の卒業間近の雰囲気をさり気なく味わってもらえるように心がけました。
いかがでしたか?

彼女達四人の高校生活もあとわずか、そして彼女達、軽音部の軌跡があのカセットテープの中に!!
是非欲しいですね〜。

次はとうとう最終回!お見逃し無く!

9月1日更新

●第22話 動画検査:中野恵美さんコメント

けいおん!!22話動画検査を担当しました。中野です。
イベントの多い話数でした。
梓が楽しくやっている所を動画として作業していると、久しぶりにやってみたいなと思ったりしました。
唯達の状況も、学生の時を思い出したりして、同じような事を部活の友達とやった事あるなと、懐かしい気持ちになれる話数でした。
作業としても、楽しくやれました。
観てくださる方々にも懐かしく思ったり、色々と考えたリ、思えるものであったら良いのなと思います。

●第22話 色彩設計補佐:宮田佳奈さんコメント

色彩設計補佐及び22話の色指定を担当させていただきました宮田です、
今回は、バレンタインのお話です。卒業間近の雰囲気は独特のものがあると思います。

旅立つ側と残される側。悲しいけれど嬉しいお別れの準備。そんな複雑な気持ちが伝わるように色作りも気をつけました。
ラストの梓の顔が、今までのけいおん部の積み重ねを表現していると思います!!

けいおん部のあったかさで、皆さんも心あったかになってくださると嬉しいです。

8月25日更新

●第21話 原画担当:内藤 直さんコメント

21話の原画を担当させていただきました内藤です。

学園祭も終わり、ついに卒アルです!
いつもより一層女の子な唯はいかがだったでしょうか? 

髪を気にして真剣に研究している唯を見ると、何度も髪をサラッサラにしてあげたい病にかかりかけましたが、
そのたび、「これは唯!唯らしく!!けいおんらしく!!」と自分に言い聞かせながら作業しました。

そして!ついに4人の進路が決定しましたね!徐々に残り少なくなっていく高校生活を唯達と一緒に楽しんでいただけたらと思います。

●第21話 撮影担当:梅津哲郎さんコメント

けいおん!!#21の撮影担当をさせて頂いた梅津です。
今回は卒業アルバムについての話でしたが、撮影的に派手な処理は無く、いつも通り雰囲気を意識しました。
自分は話の方が気になるタイプですが、今回はそれを忘れることが時折ありました。そんな雰囲気が好きです。

ところで、卒業アルバムの写真は女子にとって大切なものなんですね。
男の自分にはよく分からないです。いや、自分だけですかね。

8月18日更新

●第20話 脚本:村元克彦さんコメント

20話でシナリオを担当いたしました村元克彦です。
この作品のシナリオを書かせて頂くときにいつも心がけていることは、
唯たちがお互いにメンバーのことを思い遣っている、その優しさを描きたいということです。
しかし、彼女達はそれを意識的にではなく、ほぼ自然体で行なっています。
だからこそ、「目指せ武道館」という大きな夢が素直に口に出せて、過ぎ去っていく1日1日も、
彼女達にとって心地よいものになっているのだと思います。
第2期では、そこにクラスメートたちも加わって、その輪がより大きなものへと広がりました。
この話数は、このメンバーでできる最後の学園祭ライブとなるのですが、彼女達のそんな優しさがお伝えできていれば幸いです。

●第20話 原画担当:野々上 翠さんコメント

20話の原画を担当させていただきました野々上です。

HTTの最後の学園祭ライブな一日、いかがでしたでしょうか。

今回は、笑って歌って泣いて喋って、本当に賑やかで熱いお話でした。
観客は多いわ、ずっと楽器持ってるわ、よく動くわで、なかなか大変でしたが、
HTTのメンバーたちと共に、存分に燃え上がらせていただきました。

変顔に定評のある唯ちゃん、そんな顔も好きですが、
本気顔や涙顔の唯ちゃんは、私の燃(萌?)える原動力でした。
唯ちゃんは普段は可愛い属性の子かもしれませんが、
本当は美人さん属性なんだと、勝手に思っては、勝手にときめいています。

可愛い子が、ふと、凛々しく美人になる瞬間って、魅力的じゃないですか!

そんな瞬間が描きたくて、舞台上の唯ちゃんは、割増で愛をこめました。
もちろん、唯ちゃんだけでなく、みおちゃん、りっちゃん、
ムギちゃん、あずにゃん、みんな割増で美人さんです。

そんな晴れ舞台を原画として担当できるのは、
これが最後なんだろうと思うと、私も胸が熱かったです。

HTTと一緒に、笑って歌って泣いて、語り合えてもらえたら、幸いです。

8月11日更新

●第19話 原画担当:牧田昌也さんコメント

けいおん!!#19の、原画を担当させていただいた、牧田です。
今回は文化祭という事で、人が多くて大変でしたが、クラスメイトを描けて楽しかったです。
なかでも、木下しずか(へたってるさわ子の後ろで、台本を読みふけってる、木H役の子)が、
なかなか楽しい感じで描けたので、良かったです。
他は、マンモスの肉の出るクオリティの高い文化祭には、一度行ってみたい思いました。

●第19話 色指定担当:米田侑加さんコメント

19話の色指定を担当させていただきました米田です。

今回はいよいよロミジュリ本番のお話ということで、
いつもとは違う衣装の唯達や、クラスメイト達に注目です。
個人的には木G&Hの唯がかわいくて大好きです!
見る度に笑ってしまいますが…。

舞台の照明が変わったり、昼〜夕方〜夜〜朝と時間経過で色が変わったりと、
色変えの多い回でしたので、その辺りも見ていただけると幸いです。

しかし、桜高の文化祭はクオリティが高いですね。
さわちゃん衣装作り頑張りすぎです!

そんな感じの文化祭当日、皆さんも唯達と一緒に楽しんで下さい。

8月4日更新

●第18話 動画検査担当:清原美枝さんコメント

こんにちは!!
18話で動画検査を担当しました清原です。

今回はクラスメイトが沢山出てくる話です。
皆一人一人がとても個性的で、仲が良くて、いい子達ばかりで、嬉しくなってしまいますvvv
そして今回も出てきました!りっちゃんの弟君!!ラーブリー(^^)
動画さん達の間でも大人気です!!
今回は本当に脇の人達のキャラクターがとても良く出ていて、チェックしていてとっても楽しかったです。

そしてそして!特訓と称してメイドさんのバイトです!!
あずにゃんのメイド服の似合いっぷりには驚かされました〜( ̄▽ ̄)
服のヒラヒラには動画さんが泣かされました〜(笑)
頑張ってくれた動画さん達には、感謝感謝です。

どんどん壊れていく澪ちゃんと、ムリクリ女の子らしく頑張るりっちゃんを堪能してください!!
あずにゃんと一緒に「プッッ」っと笑ってもらえると幸いです。

ありがとうございました。

●第18話 原画担当:太田里香さんコメント

18話の原画を担当させていただきました、太田です。

さて、文化祭が近づいてきました!
見事ロミオとジュリエット役に選ばれた澪と律。

恥ずかしがり屋を克服できない、澪のお話のようですが、いやいや、りっちゃんこそ頑張っているお話なのです。
そんなりっちゃんの表情や仕草は、今回の見所のひとつだと思います。

また、今回もクラスメイトがたくさん出てきているのにも注目です。
それぞれ違った個性を持ったクラスメイトたちを描くのは、原画をしていてとても楽しかったです。

文化祭は、みんなで準備をしている時が一番楽しいといいますが、そのワクワク感が伝わればいいなと思います。

文化祭本番をお楽しみに‥‥☆

7月28日更新

●第17話 動画検査担当:黒田比呂子さんコメント

17話の動画検査担当させていただきました黒田です。

今回けいおんメンバーが作詞活動しておりましたが皆それぞれ個性があって面白いですね。

唯はいつもと逆の立場になって改めて妹の偉大さを実感したようで…いい詩が出来てよかった×2
部室の工事も終わったようなので学園祭に向けてその調子でがんばってね☆

平沢姉妹のちょっといい話に和みながら作業させていただきました。
ありがとうございました。

●第17話 撮影担当:中上竜太さんコメント

17話の撮影担当をしました中上です。

今回、唯たちは貸しスタジオへ行くことになるのですが、やっぱり、唯たちは練習せずに終わっちゃうんですね。
撮影スタッフで人気だったのが、体育館で登場するツインテールのかわいいコ。
あのコを撮影したいがために、そのカットは争奪戦でした。
チェックする時も「イイっすねぇ」と、ポツリ。
みんなの虜キャラでした。

7月21日更新

●第16話 原画担当:鴨居知世さんコメント

けいおん!!16話を担当させて頂きました原画の鴨居です。

今回は梓目線のお話ということで、改めて梓について色々と考え直す機会を頂いた話数でした。

他のキャラクターについても、皆で改めて総作画監督にもう一度質問し直したりしていると、
まだまだ掴みきれていない部分が沢山あり、お、奥が深い…と皆でうなっており ました。

そして律の弟君再びです!
兄弟の友達(ましてや年上)がいきなり家に来るときのあのなんともいえない気持ち…
久々に思い出しました。笑

トイレからカムバックトイレ。
戻ったは良いけど出るタイミングを完全に逃すという…。
皆様もけいおん!!を通して、懐かしさやあたたかさを感じて頂けていれば幸いです。

ありがとうございました。

●第16話 色指定検査担当:永安真由美さんコメント

16話の色指定を担当させていただきました永安です。

今回は梓の視点から、先輩たちの魅力を再発見!というお話です。
ギャップって、いいですよね!

個人的に頑張ったところは、ごはんとケーキ!です。
思わずよだれが出ちゃうような、そんな色を目指して作りました。
放送中にお腹をぐーっと鳴らしてもらえたら嬉しいです。

それにしても、毎回こんな美味しそうなものが食べれるけいおん部、羨ましすぎです!

7月14日更新

●第15話 背景:篠原睦雄さんコメント

15話の背景を担当しました篠原です。

二学期がはじまり、季節は夏から秋へと変わろうとするなか学校をとびだして街中、郊外を走ってしまう というお話。。。
作業スタート前には一体どうなるのかと思っていましたが、マラソンコースのモデルの舞台を
独自に再取材した背景スタッフもいたりと、皆の頑張りにより見事にゴールすることができました。
本当にお疲れさまでした。

作業を行うにあたり 走っている場所を調べていく事で、ほんの一部に過ぎないですが
また彼女たちの暮らす街を改めて確認することができました。
初めて出てくる場所もたくさんあり、なかなか新鮮でもありました。

●第15話 撮影:友藤慎也さんコメント

15話の撮影担当をさせていただきました友藤です。

楽しかった夏休みも終わり、新学期最初のイベントは、

「お汁粉大会!」

の唯の願いは叶えられる事なくマラソン大会です!!
唯たちの走り方が1人1人個性的で、
楽しいことを考えながら走っている姿を見ていると、こちらも楽しかったです。
また、ゴールシーンではCG処理を加えて、少しでも躍動感が増すように撮影しています。
ゴール前の好勝負を楽しんでいただけたら幸いです。

7月7日更新

●監督:山田尚子さんコメント

けいおん!!監督の山田です。

今回は紬と律をフィーチャーしたお話です。

何にでも興味津々のムギは、赤ちゃんみたいにまっすぐな目でりっちゃんとの夏休みを楽しみます。
ポイントは前のめりな好奇心と、興奮できゅっとあがった肩。
常に体温が高そうなムギ大放出です。

エスコート役のりっちゃんは男の子っぽくなってしまわないように、やさしくかわいく演出しています。

間にはさまれる和と唯のコントもすばらしい。
(唯にとっては天変地異レベルのアクシデントだったみたいですが。。)
最後に和解できてほんとによかったです。

そして今回からOPとEDが新作になりました。
OPは「だいすき」と「ありがとう」がめいいっぱい詰まってます。あと愛も。
EDはいままでで一番かっこつけてみました。

気に入っていただけますように。。!

●第14話 作画監督:門脇未来さんコメント

こんにちは、14話作画監督を担当しました門脇です。

今回はとにかくムギ・ムギ・ムギ!
いつもと違う髪形だったり服装だったり溶けたりボケたり横取りしたり落ち込んだり
…喜怒哀楽いろいろなムギがいてすごく楽しんで描くことができました。
彼女は純粋でまっすぐで一生懸命でなんだかキラキラしていますね。
こんな (`・ω・´) 表情が大好きです。

さて律のエスコートシーンに関しては監督から、決して律が男の子にならないようにとお話があり、
各シーンのポーズやしぐさにこだわってみましたが、いかがでしたでしょうか。

では、残りのお話も楽しんで下さい!

6月30日更新

●第13話 作画監督担当:池田和美さんコメント

けいおん!!13話の作画監督を担当させて頂きました、池田です。

今回は、梓メインのちょっと風変わり(?)なお話です。スイカあり、天ぷらあり、
梅あり、うなぎあり(微かに)…。

前回の夏フェスですっかり日焼けした梓ですが、今回もまだこんがりしてます。
そのためいつもの制服にもちょっぴり変化が…?。

梓から見た3年生組とは、どのような存在なのでしょうか?
残暑に入ると、夏休みもそろそろ折り返しという気分になります。
5人がけいおん部として、過ごす最後の夏に思いをはせていただけたらと思います。

●第13話 原画担当:佐藤達也さんコメント

けいおん!!13話の原画を担当させて頂きました佐藤です。

映画館やプールでウォータースライダーのあたりのシーンを担当しました。
最後にウォータースライダーを滑ったのはいつだったか…
セピア色の想い出を必死で掘り起こしながら描いてみました。

これからも、けいおん!!を応援よろしくお願いします。

6月23日更新

●色彩設計補佐:宮田佳奈さんコメント

第1期に引き続き色彩設計補佐を担当させていただいています宮田です。
今回の12話の色指定も担当させていただきました。

12話は夏フェスです!!
唯たち三年生にとっては高校最後の夏休みが始まりました。
キラキラ輝く高校生活の1ページになるように、季節感や時間経過を
意識して色作りをしました。
皆さんも唯たちと一緒に夏フェスを楽しんで下さい!!

●第12話作画監督担当:秋竹斉一さんコメント

けいおん!!12話の作画監督を担当させて頂きました、秋竹です。

けいおん!!も第2期目ということもあり、それぞれのキャラクターに思い入れが強くなってきました。
といっても、作監としては全員に等しく愛情を注いでおります。メインの五人に、さわちゃん先生を
加えて作画するのは大変ですが、楽しく作業しております。

さて、今回は野外ライブ、夏フェスです。この日常では味わえないライブ独特の空気や、
人々の熱気を、どう作画で表現して伝えられるかが悩みどころでした。うーん、
音楽って難しい。作画だけでは表現できない雰囲気作りは撮影さんの力が大きいですね。
画面に臨場感が生まれていると思います。
観て下さる方も、けいおん部と一緒に夏フェスを楽しんでください☆

ちなみに、フェスの衣装は山田監督のラフから起こしたもので、それぞれ個性が出ていて気に入ってます☆

6月16日更新

●第11話 作画監督担当:植野千世子さんコメント

11話の作画監督を担当させて頂きました植野です。

今回は暑い!がタイトルのとおり、暑い日の話です!
作中は暑さのため皆つねに汗をかいています。
クーラーを勝ち取るまでの、暑さとたたかう彼女達の発想ややり取りが面白くて、
そんな皆の「あじぃーーーー!!」っていう感じや、暑い中でもじゃれあっている様子を可愛く表現できたらな、
と思って作業しました。

あと、さわちゃんと皆のやり取りが描いていて楽しかったです。

そんな、夏の暑い日のけいおん部の様子を、楽しんでみて頂けたら幸いです。

●第11話 原画担当:細田はなさんコメント

11話の原画を担当させて頂いた細田です。

今回はキャラクターの表情やポーズから”暑い!!”という感じが伝わる様、色々考えました。
特に、椅子に座ってぐったりとしているカットは、そのキャラクターらしさが出るよう心掛けています。

個人的には机に乗ろうとしている唯に、「どんな感じ!?」と聞いている紬がなんだか可愛くて気に入っています。

これからも、けいおん!!をよろしくお願いします。

6月9日更新

●第10話 絵コンテ演出担当:高雄統子さんコメント

今回は軽音部の面々だけでなく、さわ子先生その友人達との交流の話になっております。
現在進行形で子供である唯達と、かつて子供だったさわ子先生達の対比を考えて作りました。
いずれ訪れる未来でもさわ子の友人達みたいに「きらきらしていられる大人にだってなれるんだよ、」ということを
唯達に、そしてちょっと取り繕っちゃってる大人なさわ子先生にも見せてあげたいな、
と思って各スタッフと相談しつつ頑張りました。
皆さんに楽しんでいただければうれしいです。

●第10話 作画監督担当:西屋太志さんコメント

10話で作監を担当しました西屋です。

今回はさわちゃんフューチャー回!
さわ子とDEATH DEVILのライブシーンはとにかくカッコよく!!
ほかのメンバーも含めて、大人の魅力をしっかり出していこうと取りくみました。

現在版DEATH DEVILの衣装はどういう方向にもっていくかかなり悩みました・・。
派手系というよりは黒系のシックなかんじで、大人の雰囲気が出せたかなーと思います。

高校生活、青春時代を通り過ぎたさわ子、紀美たちと、
まだ子供で、大人に憧れる唯たちの対比が上手く描けていればと思います。

・・あと唯たち5人がおでん屋にいるシーン・・。違和感があるようであって、なぜかしっくり馴染んでるような・・
妙にお気に入りです。

6月2日更新

●第9話 作画監督:池田晶子さんコメント

3話に引き続き9話の作画監督を担当させていただいた池田晶子です。こんにちは☆

第1期では原画を少しお手伝いした程度だったので唯たちとはほぼ初対面、
最近やっと少しずつ仲良くしてもらえるようになってきたような気がします(笑)

さて、9話は唯が「頑張る」お話でした。
演芸大会なるイベントですが、記憶にある一番近いもので夏の地蔵盆があります。
だいたい子ども向けのイベントなのですが、最後の夜は大人たちが歌ったり飲んだりしてたような気がします。
この9話の作業をしながらなんとなくそれと重ねて子どもの頃の地蔵盆を思い出したりしていました。
高校生くらいの子どもたちがこんなふうにイベントに参加してくれたらとっても微笑
ましいような気がするのですが・・・。

今回はその演芸大会の唯たちのコスチュームがとっても可愛くて描くのが楽しかった
です♪

●第9話 絵コンテ:武本康弘さんコメント

9話の絵コンテを担当しました武本です。
なんと僕は、前作含めて今回が「けいおん!!」コンテ初体験なのです!
というわけで、ものすごくフレッシュな気持ちで絵コンテを書きました。
彼女たちのキラキラの源はなんだろう?
それをあまさずフィルムに焼き付けるにはどうしたらいいだろう?
ずっとこの二つを自分に問いかけながら書きました。
皆さんに楽しんでいただけたら幸いです!

5月26日更新

●撮影監督補佐:植田弘貴さんコメント

「けいおん!!」の撮影監督補佐をやらせていただいています植田です。

8話は唯たちの進路のお話しでしたがいかがだったでしょうか?

誰しも一度は悩むであろう自分の進路、
まだまだ先の話だと思っていた唯もちょっとずつですが自分の進路について意識し始めたようです。

唯を心配する親友、和も見所です!

撮影では彼女たちの雰囲気をフィルタなどで惹きたてられるように処理を加えたりしています、
皆さんにもそんな「けいおん!!」の空気を楽しみつつ、唯の進路を一緒に見守りましょう!

さあ!!

どうする、唯!どうなる、唯!?

●第8話 絵コンテ・演出担当:米田光良さんコメント

こんにちは。
8話の演出を担当させていただいた米田です。
今回のテーマは進路という事で、唯が進路について色々悩みます(あまり深く悩んでいないようでしたが)。
カメも時折登場して、進路を決めるまでのペースとイメージを重ねました。
僕自身も高校時代、進路についてあまり切羽詰っていた記憶は無く、なんとなく唯の気持ちが分かります。
8話は回想シーンがいくつかあり、幼少時代の唯たちを楽しく描きました。
でも、あの日々は戻ってこず、間近に迫った進路を決めなきゃならないのです。
参考にしたカメさんですが、意外と歩くの早かったです。唯も頑張れ。

5月19日更新

●特殊効果担当:三浦理奈さんコメント

第1期に引き続き、けいおん!!の特殊効果を担当させて頂いてます三浦です。
絵コンテ貰って、澪が主役の話だからベースの質感カッコ良くやるぞ☆と思っていたら、
実際は青ざめたり赤らめたりしてる事の方が多かった、そんな7話です。
(※キャラの顔を青ざめたり頬を赤らめたりするのも特効のお仕事の一つなのです。)

実はまだ健在だったファンクラブのお茶会、楽しんでいただけたでしょうか。
皆でワイワイと何かを企画するのって楽しそうで良いですよね。
しかし、けいおん!!で…ウェディングケーキに質感を入れる日が来ようとは思いませんでした。
※特効マル秘メモ…お菓子の質感のお仕事の前には必ず資料を眺めます。そしてお腹が鳴ります。

いつかはホンモノを食してみたいです。

●第7話 絵コンテ・演出担当:内海紘子さんコメント

7話のコンテ、演出を担当させて頂きました内海です!

第2期ではあまり目立った活躍の場が無かった澪ですが今回の話数は主役…
ええ!そうです、澪の結婚式!!

ではなくー…
澪とファンクラブ会員達のお話です☆

学生生活の中で誰しも自分が憧れた人っていますよね。
その気持ちが思い出されるような話になっていると嬉しいなと思ってます。

主役の澪…
そこに現る和…
いつしかの先輩曽我部…
ファンクラブ会員の面々…
そしていつものけいおん部…!!

いつにも増して色々と盛りだくさんな7話ですが皆さんもファンクラブ会員達と一緒
に楽しんで頂けたら幸いです!

5月12日更新

●撮影監督 山本倫さんコメント

さて、みなさん、6話は楽しんで頂けたでしょうか?

けいおん!から引き続き撮影監督の山本です。

けいおん!!では、けいおん!の時の雰囲気を崩さないようにしながらがんばっています。

けいおん!の時からやっている事ですが、特に、セルがデジタルだと線がパッキリ、シャープになりすぎるので、
少しだけ柔らかく、背景になじむ様に処理して、けいおん!!という暖かい作品の雰囲気に合うように努力しています。

安心して見れるものを作っていけるようがんばりますので、今後とも宜しくお願い致します。

●第6話 絵コンテ演出担当:坂本一也さんコメント

6話のコンテ演出をさせていただきました坂本です。

今回はいつもラブラブな唯とギー太の間に梅雨という試練が立ち塞がります…。
引き裂かれるふたり…。
果たして、2人はその試練を乗り越えることが出来るのか!!

…などという壮大な話にはなりません。
けいおん!!はいつも通りでした。

個人的には4話にも登場した女性教師とさわちゃんの関係がお気に入りです。
がんばれ!さわちゃん!!

5月5日更新

●背景担当:田峰育子さんコメント

第1期に引き続き、背景担当をさせていただいている田峰です。

唯たちのことは友達のように思っているので、こうやってまた第2期で参加することが出来てうれしいです。
彼女たちを見ていると、自分の高校時代も思い出されるのですが、あのときの校舎のにおいとか空気を
表現できるよう日々奮闘しています。
高校3年生というのは、人生の分岐点ともいえる時期ですが、
木漏れ日みたいにキラキラと輝いている世界で囲って、その貴重な一瞬を大切にしてあげたいです。
彼女たちを取り囲む空気を、少しでも感じていただけると幸いです。

●第5話 絵コンテ演出担当:石立太一 さんコメント

5話のコンテ・演出を担当した石立です。

今回は4話で三年生が京都へ修学旅行へ行っていたその時、同じ時間の梓たちの様子を
描いたお話ということで、作業に入る前からわくわくしておりました。

唯たち三年生と梓たち二年生が離れる事で、お互いがお互いを再確認し合うと言いますか、
登場人物も物語としても深みを出せるのではないかと、、、!!

と、思いつつも、気楽に楽しんでいただきたいです。

4月28日更新

●第4話 絵コンテ演出:三好一郎さんコメント

4話の演出を担当した三好です。
この話は修学旅行という唯たちにとっての大きなイベントであり非日常です。
家庭や学校から離れた少女たちの「少し浮き立った気分」が普段とは「ちょっと外れたテンション」に
移ってゆく様子を追ったお話です。

とまあ、そういう演出意図を知る由もない唯たちは、普段と何も変わらずお気楽に旅行を楽しんだりするのですが…

演出として心がけたのは唯たちを素直にかわいく描く事です。
作業中は唯たちのおおらかなパワーに圧倒されっぱなしで、とても楽しかったです。

●動画検査:中野恵美さんコメント

第1期から引き続き第2期の動画検査を担当させて頂いています中野です。

今回は修学旅行のお話で、京都という事もあり、より楽しめた話数でもあります。
内容もキャラクターが楽しんでいる事もあって作業する側としても楽しんで作業できました。
リアルな女子高生を描くことを大事にしていますので、自分の修学旅行を思い出してみて
「こんな事やったよ!!」なんて思え懐かしい感じもありました。

この話数をご覧になった方々が「京都に行ってみたい」、と感じて頂ければと思います。

「おこしやす京都へ!!!!!!」

4月21日更新

●第3話 演出担当:北之原孝將さんコメント

3話演出の北之原です。
すっぽんもどきのトンちゃんがやってきました。
けいおん部の新メンバーですよろしくお願いします。
今回の律は少し様子がいつもと違いますが、いじらしくてかわいいです。
唯は一生懸命応援します。
みなさんも一緒に応援してあげてください。

●色彩設計:竹田明代さんコメント

第1期より引き続き色彩設計を担当させて頂いております、竹田です。

また唯達に会える事が出来てとても嬉しいです!
高3になった唯達は受験生のわりに相変わらずで、見ているこちらがヒヤヒヤしてしまいますが(笑)
このゆるやか〜〜な感じが彼女達の魅力なのだなぁと思います。
残り1年しかない唯達のキラキラな高校生ライフを色鮮やかな思い出として残せる手助けをしていきたいな、と思っています。

4月14日更新

●第2話 絵コンテ・演出担当:石原立也さんコメント

話の演出させていただきました石原です。

さて今回は古いギターの話が出てきました。
僕も新しいデジカメが買える値段で
中古の銀塩カメラを買ったりするので気持ちは分からなくも無いですが、
ビンテージギターの値段はシャレにならないですね。
唯の使っているモデルで50年代くらいのものだと
フェラーリが買えるような値段がついていたりもするようです!

古いギターだったからウッカリだったのでしょうけど
売りに行かせたさわ子にも責任があるように思いますねー(笑)

50万円あったら…。
うーん、僕ならライカ(ドイツ製のカメラ)買います。

●楽器設定 楽器作監:高橋博行さんコメント

けいおん!!第2期でも楽器の作監を担当させていただいております高橋です。
今作でも第1期同様忠実に楽器を再現することを心がけつつ、またそれぞれの持つ楽器が
彼女らの相棒といいますか、それを超えた何かとして見ていただけるようにしたいと思っています。

さて、2話ではこれまでのものとは違うギターが登場いたします。
色指定さんの協力もあり、非常によい具合に仕上がったと自負しております。
かっこいいギターです。こちらもお楽しみください。

4月6日更新

●第1話 絵コンテ演出担当:山田尚子さんコメント

けいおん!!第1話の絵コンテ演出をさせていただきました山田です。

うれしいことにまた春からのスタートです。
春といえば桜。
桜満開でけいおん!!はじまります。

唯は桜が似合う女の子。ということで画面から春のにおいが溢れ出してくるようなフィルムを目指しました。
あったかくて、やさしくて、お間抜けなけいおん!!の空気をどうぞお楽しみください。

●第1話 作画監督:堀口悠紀子さんコメント

『けいおん!!』第1話の作画監督をやらせていただきました、堀口悠紀子です。
とうとうスタートしましたっ。第2期です(^^)ノ

再び春。
春のスタートってなんだかいいものですね。
唯と桜の組み合わせが好きな私としては、すごく嬉しいです。

第2期がスタートするにあたって山田監督と話しあったのが、まずキャラクターに対しての意識をリセットすることです。
第1期の第1話の時と違い、自分含むスタッフや視聴者の皆さんには、
最初から唯やけいおん部メンバーのことを知っている方が多いと思います。
なので、第2期の第1話を見た方に、初めて会った時のような新鮮さをもう一度感じてもらうにはどうしたらいいのか、
という事はかなり監督と話し合いました。(かなり二人迷走してましたが。笑)
私としても彼女達とはもう一年の付き合いなので、いろいろ知り尽くしてしまっているところもあるのですが、
常に『初めまして』の気持ちを忘れないようにしながら作業したつもりです。
そういうものが少しでもいい方向に画面に表れているといいなぁと思いつつ、
観た方にフレッシュなときめきを感じていただければ幸いです…!
生き生きとキャラクターに演技をつけてくれた原画さんやスタッフ皆さんには本当に感謝です。

ではでは、またしばしの唯たちとのきらきら部活ライフを楽しんでいただければ幸いです。。

3月31日更新

●監督:山田尚子さんコメント

私たちの見ていない間も軽音部のみんなは仲良くたのしく過ごしていたみたいです。
何気ない言葉の中にもすべて意味あって、
どれもこれも彼女たちのやさしさや思いやりが詰まっています。

ゆるやかではあるけれども、かけがえの無い時間を部室で過ごしている唯たちがうら
やましくもあり懐かしくもあり。

やはり大切に扱ってあげたいな。と心から思います。
唯たちの呼吸を、きらめきを、青春を、しっかり見つめて大事に描いていきたいと思います。

桜の季節にまたみんなで走り出せることがとてもうれしいです。
よろしくお願いいたします。

●シリーズ構成:吉田玲子さんコメント

「けいおん!!」にも新しい季節がめぐってきました。
もしかすると、まさかの新キャラ、怒涛の展開、意外な事実が発覚したりする…かも…しれません。
とりあえず、唯たちなりに今を精一杯、楽しんで生きている姿は見ることが出来るはず。
お見逃しなく!

TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.