私の家政夫ナギサさん

お知らせ NEWS

2020.06.22出演番組情報

7月3日 (金) よる 10時54分〜
『スマイルすきっぷ〜明日の元気をフルチャージ!〜』
眞栄田郷敦さんが出演します!
7月4日 (土) あさ 9時30分〜
『王様のブランチ』
多部未華子さん、大森南朋さん、瀬戸康史さんが出演!!
7月4日 (土) ごご 6時55分〜
『炎の体育会TV』
多部未華子さん、瀬戸康史さんが出演!!
7月5日 (日) ごご 4時30分〜
『7月7日スタート!火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」放送直前ナビ』
多部未華子さん、大森南朋さん、瀬戸康史さんのスペシャルインタビューやドラマの見どころをご紹介!
さらに、わたナギ出演者による家事クイズ王決定戦も開催!!
7月6日 (月) 深夜 0時58分〜
『今夜10時スタート!火曜ドラマ「私の家政夫ナギサさん」放送直前ナビ』
7月6日 (月) よる 7時00分〜
『有田プレビュールームSP』
趣里さんが出演!!
7月7日 (火) よる 8時00分〜
『教えてもらう前と後』
多部未華子さん、大森南朋さん、瀬戸康史さんが出演!!

※放送内容は番組の都合で急遽変更・中止されることがあります。
※一部放送されない地域もございます。詳しくはお住まいの地域番組表をご確認ください。

この記事をシェアする

2020.6.13 初回放送日が決定しました!

火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』
初回放送日決定!
7月7日(火)よる10時スタート!!
初回は15分拡大

写真

TBSでは、新型コロナウイルス感染症拡⼤防⽌の観点から撮影を休⽌し、放送延期となっていた火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』を7月7日(火)よる10時からスタートすることが決定した。

アラサー女子・メイが、おじさん家政夫を雇うことから始まる『私の家政夫ナギサさん』は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」(著者:四ツ原フリコ)に、ドラマオリジナル要素を盛り込んだハートフルラブコメディだ。

主人公・メイを演じるのは多部未華子。TBSドラマへの出演は2016年7月期に放送した日曜劇場『仰げば尊し』以来となる。ドラマや映画、CMなど出演作が途切れることなく活躍を続ける多部が主演を務める今作では、28歳となったキャリアウーマンの主人公・メイが、仕事だけでなく恋も婚活も頑張り、いっぱいいっぱいになる姿を、表情豊かに明るくポップに演じる。

メイの生活に安らぎと潤いを与える家政夫・ナギサさん役は大森南朋。2017年10月期の金曜ドラマ『コウノドリ』以来のTBSドラマ出演となる大森。彼の渋くてハードボイルドなイメージからは想像できない、エプロン姿で家事をするおじさん家政夫というギャップのある役どころは、本作の見どころのひとつとなることは間違いない。

メイの仕事のライバルとなる田所役には瀬戸康史が決定。TBSのドラマ出演は、2016年4月期の金曜ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』以来、4年ぶりとなる。田所は原作にないドラマオリジナルキャラクター。今作では、爽やかで一見非の打ち所がない田所をかっこよくかつ魅力的に演じる。
多部、大森、瀬戸の3人が、それぞれの役をどう演じ、そしてどんな化学反応を見せるのか!?

いよいよスタートする火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』。初回は15分拡大してお届けする。
7月7日(火)七夕のよる10時からの放送を、ぜひお楽しみに。

この記事をシェアする

2020.3.19 第4弾出演者発表!!

多部未華子演じる主人公・相原メイの
妹・唯役で趣里、
母・美登里役で草刈民代の
出演が決定!
さらに、宮尾俊太郎、
飯尾和樹、夏子が
メイの仕事に関わる人物として
登場!!

写真

写真上段左から趣里、草刈民代。
下段左から宮尾俊太郎、飯尾和樹、夏子。

このたび、新たに個性豊かな出演者が決定した。
メイの妹・唯役で趣里、母・美登里役で草刈民代、メイを応援する医薬品卸会社「しろくまメディカル」の営業課長・駒木坂春夫役でお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹、メイがMRとして通う「肥後すこやかクリニック」の医師・肥後菊之助役でバレエダンサーの宮尾俊太郎、メイが勤める天保山製薬横浜支店のメンバーの行きつけである薬膳居酒屋「万薬の長」の店員・吉川かりん役で夏子が出演する。

趣里さん コメント

素晴らしいキャスト、スタッフの皆さんとご一緒できること、とてもうれしく思います。
人と関わることの大切さや、家族、恋愛、仕事。
毎日いろいろなことがありますが、このドラマを観て、ふと自分のことと重ねて考えられる、そんな時間をお届けできるように、精一杯頑張ります。
チャーミングなナギサさん、必見です!

草刈民代さん コメント

あらゆるものが目まぐるしく動いている現代社会。「どう見えたいか?」「どう見せたいか?」という価値観に支配されすぎて、「本当はどうしたいのか?」という、一番大事な問いかけを思い出すことさえ困難だと感じることがあります。
大森南朋さん演ずる家政夫のナギサさんは、我が道を行く生き方をしていて、実はとても成熟している人です。多部未華子さん演ずる「仕事はできるが家事が苦手」な主人公メイと、その因子を持つ困った母・美登里。母娘共にナギサさんとの出会いがきっかけとなり、やっと自分自身と向き合えるようになっていくのではないでしょうか。
いつもクールな役を演ずることが多い私ですが、今回は今までお見せしたことがない側面を楽しんでいただけたらと思っています。

宮尾俊太郎さん コメント

久々のハートフルラブコメディに出演となりとてもワクワクしています!
情報だけではなく、人間性も必要とされる営業。今回僕は主人公演じるMRが担当する営業先の医師として出演します。
これから撮影を通じて、医療現場やMRとして働く人々との関わりの中で、肥後菊之助自身もどう変化していくか僕自身も楽しみです!
このドラマのキャラクターに良くも悪くも影響を与えていけるような、胸キュンも大切に、素敵な人物を演じて参りますのでよろしくお願いします!

飯尾和樹さん コメント

夢と現実が入りまざったすごく楽しいドラマになりそうで、台本を読むのが楽しみです。先々まで一気に読みたくなります。
昔、ドラマ『パパはニュースキャスター』の中で専業主夫の役があって、こういうのもいいな、って憧れて見ていた時期がありました。うちは、オヤジが週3日くらい料理を作る家庭でしたし、僕も料理が苦ではないので家庭での役割は様々かなと感じますね。
主演の多部さんは、華があってキラッキラしてますね! 役の上では思いっきりえこひいきしながら相原さんを応援したいと思います。

夏子さん コメント

台本をいただき、原作を読ませて貰い、皆さんとお会いして、なんと温かい作品に参加させて貰えるのだろうと心が躍っております。
本読みの時から、目の前で繰り広げられる台詞とキャストの皆さんの可笑しみあるお芝居に、早く放送がみたいと一視聴者としても楽しみな気持ちで一杯です。
薬膳居酒屋のセットや衣装に合わせて髪も切り、かりんという新しい人物が自分の中に着々と生まれています。
MRの皆さんが毎週通いたくなるような憩いの場を目指して、そして個性的なお客様方に負けないよう頑張っていきたいと思います。

この記事をシェアする

2020.3.9 第3弾出演者発表&Paraviオリジナルストーリー配信決定

多部未華子演じる
主人公・相原メイが勤める
製薬会社の新入社員・瀬川遙人役で
眞栄田郷敦の出演が決定!!

写真

瀬川遙人役の眞栄田郷敦

このたび、新たに眞栄田郷敦の出演が決定した。昨年放送された日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』で、主人公の再起の切り札となっていくラガーマンを体当たりかつ爽やかに演じた眞栄田。今作では、メイの勤務先「天保山製薬」横浜支店にやってくる入社1年目の新入社員・瀬川遙人(せがわ・はると)を演じる。原作にはないドラマオリジナルのキャラクターとなる遙人は、効率主義で保守的なイマドキの若者で、メイからは「スーパー新人類」だと煙たがられる。しかし、性格は子犬のように素直で人懐っこく根は真面目なため、社内でも可愛がられるようになっていく。そしてメイとの関係にも徐々に変化が あらわれるように…!?

また、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」では、火曜ドラマ『私の家政夫ナギサさん』のオリジナルストーリー「私の部下のハルトくん」を独占配信することが決定した。イマドキ男子・遙人の新入社員ならではの悩みや葛藤、恋愛事情を描き、彼が一人前の社会人になるまでを見守るプチ成長物語だ。『私の家政夫ナギサさん』でメイの同僚・堀江耕介を演じるハナコの岡部大や、メイの後輩でチームメンバー・天馬あかりを演じる若月佑美も出演予定。本編とどうリンクしていくかも見どころのひとつだ。ぜひ本編と合わせてお楽しみください。

眞栄田郷敦さん コメント

遙人は魅力的で中毒性のあるキャラクターなので演じるのがとても楽しいです。現場の雰囲気もすごくいいですし、3ヶ月間楽しめそうな予感がしてます。
遙人がなんでも携帯電話にメモするところは僕も同じです!効率化を優先させる気持ちはわかりますし、突っ込み所満載なイマドキなところもあるので、そこは見ている方々に笑ったり、共感して見ていただきたいなと思います。
多部さんとは初めましてなのですが、お互い人見知りで撮影初日は挨拶以外言葉を交わしていません…。でもその空気感が落ち着くというか安心感があります。
まだまだ未熟な部分がいっぱいありますが、先輩方やスタッフの皆さんの力をお借りしながら魅力たっぷりな遙人を演じていきたいです。

プロデューサー・岩崎愛奈 コメント

眞栄田さんには、どこかミステリアスな印象を持っていたのですが、初めてお会いした時にまっすぐでキラキラとした目がとても印象的でした。そんな眞栄田さんが、メイを振り回すちょっと困ったイマドキ男子を演じたらフレッシュなパワーと可愛らしさをあわせ持った、新たな魅力を爆発させてくれるのではと思いました。
世話が焼けるけど、なんだか憎めない…そんな愛すべきキャラクターになると確信しています!!

この記事をシェアする

2020.3.7 第2弾出演者発表

多部未華子演じる主人公・相原メイの
上司役で富田靖子
同僚で親友役に高橋メアリージュン
らの出演が決定!
さらにハナコの岡部大が
本作でドラマ初出演!

写真

上段左から、若月佑美、富田靖子、高橋メアリージュン
下段左から、水澤紳吾、岡部大(ハナコ)、平山祐介

このたび、多部、大森、瀬戸の共演者が本日放送の『王様のブランチ』内で発表された。
新たに出演が決定したのは、多部演じるメイの勤務先「天保山製薬」の面々。メイの上司で横浜支店の支店長・古藤深雪(ことう・みゆき)役には富田靖子、メイの学生時代からの友人で職場の同僚・陶山薫(すやま・かおる)役に高橋メアリージュン。さらに、同じ営業チームの上司・松平慎也(まつだいら・しんや)役で平山祐介、馬場穣二(ばば・じょうじ)役で水澤紳吾、同僚の堀江耕介(ほりえ・こうすけ)役で岡部大(ハナコ)、後輩の天馬あかり(てんま・あかり)役で若月佑美が出演する。

原作は、国内最大級の電子書籍サイト「コミックシーモア」(運営:エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)発のオリジナルコミック「家政夫のナギサさん」(著者:四ツ原フリコ)。ソルマーレ編集部少女漫画レーベル「恋するソワレ」にて連載中の人気作品で、WEBコミックがTBS連続ドラマの原作となるのは初めての試み。また「天保山製薬」の面々はドラマのオリジナルとなる。

この記事をシェアする

Back to Top