放送内容

過去の放送

2014年7月20日放送
  • BS-TBS:7月24日よる11:00〜
  • TBSニュースバード:7月23日よる11:00〜
ナレーターは 向井 理
がれきの下の命を救う“究極の救助方法”を探れ!
警察庁も注目!最も困難な災害現場に挑む女性工学博士
ドリームメーカー:
千葉工業大学 建築都市環境学科 准教授/吉村晶子さん
夢の扉の鍵
「真摯な思いを技術で支えたい」 » 一覧へ
建築・土木の技術者の使命の一つ…。それは、災害に負けない建物やインフラを整備すること。しかし、吉村准教授は少し違う!“災害で崩壊した建物”の中から人命をいかに救助できるか、そのベストの方法を工学的観点から導きだそうとしている。

その吉村が“災害救助”に携わるのには理由がある。
2005年に起きたJR福知山線脱線事故−。
がれきが折り重なる列車の中から、人々を救い出すために“特殊な技術”が必要となり、
その救助活動は困難を極めた。

こうした状況を目の当たりにした吉村は、『救助隊員の技術を高める訓練施設を造ることで、きっと力になれる』と思いを強くする。そこで、“がれきの下からの救助方法”を工学的に解き明かし、その方法を取り入れた“救助訓練施設の設計”にのりだした。今、彼女は警察庁と協力し、がれき災害専用の訓練施設や水害専用訓練施設など、あらゆる災害に備える“日本初の総合訓練施設”を造ろうと奮闘している。
“防ぎ得る死”をなくすために…女性工学博士の時間との闘いがはじまっている。

関連コンテンツ

※Youtube、Facebookのリンクは、TBS外部へ移動します

番組オリジナルグッズ