放送内容

過去の放送

2013年1月27日放送
  • BS-TBS:1月31日よる11:00〜
  • TBSニュースバード:2月2日よる9:00〜
ナレーターは 坂口憲二
人体の臓器や細胞を3DのCGで超リアルに再現!
現役研修医が医学界に革命を起こす!科学も医学も可視化する最先端技術
ドリームメーカー:
東京大学医学部附属病院 研修医・サイエンスCGクリエーター/瀬尾拡史 さん
夢の扉の鍵
「150%努力して、ようやくつかみかけるのが夢」 » 一覧へ
主人公のその後
"科学する"CGで医療を変える » 詳細へ
『“サイエンスを、正しく、楽しく。” それがモットーです』
“心臓の周りには、どのように血管が張り巡らされているか―” “肺への空気の通り道、『気管支』ってどんな構造?―” 医学書で見ても、難解な私たちの体の中・・。CT画像などを見ながら、医師に治療方針の説明を受けても、なかなか理解が難しい・・。
「患者さんが見ても分かりやすいモノを!」 人間の臓器や細胞などを細部まで“見える化”しようと、科学的根拠に基づいた正確な3D(3次元)のCGを作画する“天才”がいる。瀬尾拡史、27歳。国内では“未発達”の、メディカルイラストレーションの分野に革命を起こす、現役の研修医だ。瀬尾がCG化に成功したのは、細かく枝分かれする『気管支』。もとにしたデータは、なんと自らの肺のCT画像450枚!気管支が、ディスプレイ上で自由自在に動き、多角的に検証できる。 瀬尾は言う。「高度な科学も、視覚的に理解が広まれば、10年かかっていた技術革新が5年で済むかもしれない」
瀬尾が“科学するCG”を志したのは、中学2年生のとき。『驚異の小宇宙〜人体』というテレビ番組で、人体や遺伝子の構造を描いた映像に魅せられた。東京大学医学部で学ぶ傍ら、CGの専門学校へも通い、スキルアップに励む。さらには、嘆願書を片手に大学を説得し、この分野で最先端を行くアメリカの大学への留学をも成し遂げた。
そんな瀬尾が一躍注目を集めたのが、4年前、初めての「裁判員裁判」の時。専門用語が並ぶ鑑定書の内容を、裁判員も理解できるよう、CG化の依頼が最高検察庁から届いたのだ。そして、瀬尾が再現した死因をめぐる法医学CGは、審理に採用された―。
瀬尾が今、挑むのは、3DでCG化した気管支を、医療技術に生かすこと。内視鏡を手にした現役医師たちによる、医学界史上、画期的な試みが行われる。果たして瀬尾のCGの有用性は―? 美しくも圧倒的なサイエンティフィックCGの精密な世界を、テレビ初公開!

関連コンテンツ

※Youtube、Facebookのリンクは、TBS外部へ移動します

番組オリジナルグッズ