放送内容

過去の放送

2012年10月21日放送
  • BS-TBS:10月25日よる11:00〜
  • TBSニュースバード:10月27日よる9:00〜
ナレーターは 中井貴一
日本初!新エネルギー資源「シェールオイル」の歴史的採掘に迫る!
“石油王国・秋田”復活へ〜地中1800ml眠る油田を覚ましオイル革命を!
ドリームメーカー:
石油資源開発 国内事業本部 副本部長/横井 悟 さん
『古い油田を眠りから覚まし、新たなエネルギー資源にしたい!』
2012年10月3日、その歴史的瞬間は訪れた。
秋田県にある油ガス田で、国内では初めてとなる「シェールオイル」の試験採取が成功した。シェールオイルとは、地中深くの硬い岩石の層に含まれる原油の一種だが、岩盤に閉じ込められたオイルを採掘することは、これまで技術的に困難とされてきた。挑むのは、地下1800メートル。この日本初の大プロジェクトを率いるのが石油資源開発の横井悟、55歳。
戦後の高度経済成長の一翼を担い、かつて“石油王国”と呼ばれた秋田県。
そこに眠るシェールオイルの埋蔵量は、秋田県内だけで、日本の年間石油使用量の1割に相当するとも言われている。シェールオイルが採掘可能になれば、現在、石油の自給率が1%に満たない日本のエネルギー事情に、希望の光をもたらすことになる。
しかし、石油開発において、油田を掘り当てる確立は1割以下。未開拓のシェールオイルを掘り当てる確立は、なおさら未知数だ・・。
『石油採掘は失敗の繰り返し。失敗があるからこそ次の成功を目指して、違う考えを持って同じものを見ていく』 地質学を専門とする横井は、秋田県に眠るシェールオイルに25年前から目をつけていた。 『シェールオイルが採れれば、古い油田を復活させることができる。かつて日本を支えてくれた油田をよみがえらせ、秋田、そして日本の新生を―』
石油開発に生涯を捧げる横井の、25年越しの夢への第一歩、そして、その先に見据える新資源の生産本格化に向けたチャレンジに迫る!

番組オリジナルグッズ