2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™

放送スケジュール

WBC 3月7日開幕

日程 放送時間 対戦相手 場所
3月7日(火) 関東ローカル
ごご6時〜6時30分
全国ネット
ごご6時30分〜10時
(延長あり)
WBC1次ラウンド キューバ 東京ドーム
3月8日(水) 全国ネット
ごご6時30分〜10時54分
(延長あり)
WBC1次ラウンド オーストラリア 東京ドーム
3月14日(火) 関東ローカル
ごご6時15分〜6時30分
全国ネット
ごご6時30分〜10時
(延長あり)
WBC2次ラウンド キューバ 東京ドーム
3月20日(月) 関東ローカル
あさ5時〜5時55分
全国ネット
あさ5時55分〜7時
WBCエキシビジョン ドジャース キャメルバックランチ
(アリゾナ)
3月21日(火) 全国ネット
あさ9時55分〜ごご1時55分
(延長あり)
WBC準決勝1 オランダ vs プエルトリコ ドジャースタジアム
3月22日(水) 全国ネット
あさ8時〜ごご1時55分
(延長あり)
WBC準決勝2 日本 vs アメリカ ドジャースタジアム

みどころ

「世界一奪還。」

WBC過去2回の優勝を誇る侍ジャパン。

しかし、前回大会は準決勝敗退、そして世界野球プレミア12では、準決勝・韓国戦で悪夢の逆転負け…。
「真の世界一」を決めるWBCで日本野球のプライドを取り戻すことが出来るのか。

侍ジャパンが誇る二人の主砲、中田、筒香、先発の柱となる菅野、則本、さらには世界一の経験を持つ青木、内川を中心に「世界一奪還」に挑む。

しかし、立ちはだかるは世界の野球大国。
3月7日1次ラウンド初戦でいきなり第1回大会決勝で対戦したキューバと激突。
さらに、翌8日にはアテネ五輪・準決勝で日本を破り銀メダルに輝いたオーストラリア戦と気の抜けない戦いが続く。
2次ラウンドでは、永遠のライバル・韓国、そしてMLBで活躍する選手を多く抱える前回ベスト4・オランダとの戦いが予想される。

アメリカ・ロサンゼルスに舞台を移して行なわれる準決勝・決勝では、大会初制覇を狙うアメリカ、前回大会覇者ドミニカ共和国、さらにはベネズエラやプエルトリコなどの強豪がメジャーのスーパースターを揃え、日本に襲い掛かる。

真の世界一決定戦、WBCで日本野球のプライドを取り戻せ。

※外部サイトに移動します

写真:SAMURAI JAPAN/Getty Images
Copyright© 1995-2019, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

トップへ