TBS「タンブリング」

2010年4月スタート 土曜よる7時56分

→トップページへ


インタビュー

【VOL.2】 瀬戸康史さん

新体操の作品にでると聞いたときの感想はいかがでしたか?

最初聞いたときは、新体操というもののイメージが湧かなかったです。器械体操とか、鉄棒、女子のリボンのイメージしかなくて…。
動画で初めて男子新体操の演技を見た時に、力強さとしなやかさ、そして綺麗さが同時に見られるというギャップが、すごくかっこいい!と、純粋に感動しました。
男子新体操の団体は6人で演じるのですが、倒立やバランスを揃えるのが本当に難しいんです。
それが揃った時、演じている本人も感動すると思いますし、それを見ている側も一緒に感動できるし、会場がひとつになれるのはいいなぁ…と思いました。

photo-02-01

竹中悠太について

竹中悠太は、すごくまじめで、責任感が強くて、大人しいけれど、芯があって、内に秘めた熱さがある男の子です。
新体操を頑張るという目標を持っていて、今の若者にはなかなかいない硬派な印象を受けますが、そこが自分の高校時代と似ていると思います。
例えば、悠太は、航を見て「どうして目標を持っていないんだろう。」と思うのですが、僕もそんな風に思うタイプなので、本当に悠太と似ている部分がたくさんあります。
なので、お芝居として別に難しい部分はなく、すんなり悠太という役に入り込めました。

新体操の練習をしてみていかがですか?

5ヶ月くらい練習を一緒にやっているので、クランクインが緊張しないのは初めてでした。練習はとても厳しく、学生時代の部活を思い出しますね。
撮影が始まる前は、自主トレとして、家で筋トレをやっていましたが、今は寝ることの方が重要視されていますね(笑)。
撮影が始まって練習時間が以前よりはとれなくなったので、撮影の休憩中に、みんなで「振り、忘れているかもしれないね。」と言いながら、軽く練習したりしています。
変化といえば、身長がちょっと伸びました(笑)。やっぱり姿勢が正しくなりますね。
あと、人とコミュニケーションを取るのが苦手なんですが、新体操をやっていると相手と呼吸を合わせる事が大事になってくるので、自然とコミュニケーション能力が身に付いてきた気がします。

photo-02-02

今後の展開について期待すること。

みんなそれぞれキャラクターが違っておもしろいですが、僕としては、これから、鶴見がどうなっていくのかが気になりますね。
悠太のライバルですし、今後、鶴見と悠太は、どんな風になっていくのかが楽しみです。

番組のみどころを教えてください。

『タンブリング』というタイトルなので、みんなで揃った演技を見せて、「本当に俺達が吹き替えなしで演じているんだよ!」という所を見てもらいたいです。
そして、新体操の熱さだったり、感動はもちろんですが、ストーリーとしても、今の若者に訴えかけるような、影響力のある作品になっていると思います。
若い人達の間で問題視されている様々な事を、新体操を通して解決していく姿が描かれているので自分達の世代と照らし合わせながら、色々なものを感じて、見てほしいなと思っています。
あとは、あきらめずに目標に向かって努力を続ける悠太を通じて「あきらめないで向かっていけば、もしかしたら失敗するかもしれないけれど、絶対に後悔しない。」
という気持ちをこのドラマを見て、皆さんに持って欲しいと思います。

▲ PAGE TOP

更新情報