スポーツ天国と地獄~今だから話せる!あの名場面のウラ側~

予告動画

番組概要

スポーツ名場面の裏側には誰も知らない“天国と地獄”がある!
この番組は一流アスリートが“今だから話せる“衝撃のエピソードを告白し、
“あの名場面”の裏側にある「新事実」や「感動」を生み出す番組です!

出演者

出演者

MC

バナナマン(設楽統、日村勇紀)

ゲスト

井森美幸、澤部佑(ハライチ)、中谷美紀
原晋(青山学院大学駅伝部監督)、ヒロミ、柳原可奈子
※50音順

放送内容

◆ 北京五輪 >4×100mリレー 史上初の快挙のウラで地獄!

2008年北京五輪4×100mリレー決勝で、男子トラック種目で日本初のメダルを獲得した日本代表の4人。初の快挙に日本中が沸く中、リレーメンバーの1人は“全くうれしくなかった"という。その人物はメダル獲得後、陸上界から姿を消した。いったいその人物を襲った地獄とは?

◆ 長野五輪 スキージャンプ団体 初の金メダルのウラで壮絶な地獄!

1998年長野五輪スキージャンプ男子ラージヒル団体で、史上初の金メダルを獲得した日本代表。この時、あるメンバーだけが「金メダルを願っていなかった」という。「落ちてくれ!」とまで思ったというその人物は金メダルの瞬間、悔し涙を流したという。いったいその訳とは? そしてその悔し涙こそが、その後「前人未到の快挙」を生んでいた!

◆ 日本人初9秒台 桐生祥秀が“人生初の地獄レース”に隠された感動秘話

日本歴代最速の男・桐生祥秀が「これで陸上人生が終わってもいいと思った」と語る秘蔵レース。中学最後の全国大会で、壮絶なケガを負いながらも、足を引きずりながら懸命に走る桐生の姿が・・・。そこには今の桐生の原点となる感動の物語が隠されていた。「泣きそう・・・」と言いながら桐生が初告白。

◆ 青山学院大学 箱根駅伝4連覇 の直前に!残酷すぎる“天国と地獄レース"

今年の「箱根駅伝」で見事4連覇を達成した青山学院大学駅伝部だが、その歓喜のウラで“天国と地獄"のレースに挑む男がいた。それは、箱根駅伝の2週間前に行われる、選手「続行」か「引退」かをかけた残酷すぎるレース。今回そのレースに挑むのは、高校時代トップランナーだった男。果たしてその結末は?

◆ 中日 53年ぶり日本一 のウラで地獄を味わった男

2007年プロ野球日本シリーズ第5戦。中日ドラゴンズが53年ぶりの日本一まであと1勝という重要な一戦で、中日・山井大介投手は8回までランナーを1人も出さないパーフェクトな投球をしていた。このままいけば日本シリーズ史上初の完全試合だったが、9回の表、中日・落合監督の采配は「ピッチャー交代」。中日は53年ぶりの日本一に輝いたものの、山井の史上初の大記録は幻となり、この落合の采配に批判が殺到した。10年経った今、落合と山井が当時の真相を激白する。

◆ ソフトボール 初の金メダル! “上野の413球" のウラで壮絶な地獄!

2008年北京五輪女子ソフトボール。2日間で413球を一人で投げ抜き、見事初の金メダルを獲得した日本の絶対的エース上野由岐子。しかし実はこの時、上野に信じられない“壮絶な地獄"が降りかかっていた!衝撃の事実を上野が告白!

◆ ジョホールバルの歓喜 の瞬間!エースを襲った“地獄の8分間"

1998年サッカーW杯アジア最終予選「日本×イラン」。岡野雅行が決勝点を入れてW杯初出場を決めた劇的なシーンのウラで、実は日本のエースが“ある地獄"を味わっていた。今だから話せる、その人物を襲った壮絶な地獄とは?

◆ トリノ五輪 日本史上初の金メダル のウラでまさかの悲劇!

2006年トリノ五輪女子フィギュアスケートで史上初の金メダルを獲得した荒川静香。しかしその直前にあった知られざる地獄…その秘蔵映像が残されていた!さらに地獄から脱却し金メダルを獲得したウラには奇跡的な“神技"が存在していた。その真実をテレビ初告白!

◆ 女子マラソン 初の金メダルの裏で、高橋尚子が味わった知られざる地獄

2000年シドニー五輪女子マラソンで、女子陸上界史上初の金メダルを獲得した高橋尚子。しかし、し烈な金メダル争いが繰り広げられたレース終盤、「あの名場面」で高橋に“ある悲劇"が起きていた!その悲劇とはいったい?

◆ ロンドン五輪 女子バレー28年ぶりメダル 快挙のウラで壮絶な地獄

2012年ロンドン五輪。バレーボール全日本女子が28年ぶりにメダルを獲得した名場面。しかしその快進撃のウラで、実は壮絶な“地獄"を味わっていたある中心選手がいた。今だから話せる衝撃の秘話をテレビ初告白!

PAGE TOP