イメージ

はじめに

ドジで不器用な主婦がひょんなことから探偵に!?愛する夫のために奮闘し強い女へと生まれ変わっていく物語!

TBSは10月スタートの金曜よる10時から、金曜ドラマ『専業主婦探偵〜私はシャドウ』を放送します。原作は、女性コミック誌「YOU」(集英社)で昨秋まで連載されていた人気コミック「私はシャドウ」
主演には、TBSの連続ドラマではおよそ6年振りとなる深田恭子を迎え、いまだかつてドラマでも登場したことのない“専業主婦探偵”役に挑みます。
深田が演じるのは専業主婦の浅葱芹菜。何の取り柄もなくてドジで不器用だが、ひょんなことから探偵となって、愛する夫のために影で奮闘するという役どころ。
芹菜が愛して止まない夫・武文役は、深田とは12年振りの共演となる藤木直人が、そして、探偵として芹菜を鍛え、生き生きとした女性に変えていく男・陣内春樹役を桐谷健太が演じます。
またこの他にも、古田新太、芦名星、遠藤憲一、石田ゆり子、小日向文世といった豪華俳優陣が物語を盛り上げます!

ドラマは、深田演じるドジで不器用な専業主婦がひょんなことから探偵になって、愛する夫のために奮闘し、強い女へと生まれ変わっていく物語。
ドン臭く、不器用で、夫にまとわりつく芹菜は、夫に気持ち悪いと思われても仕方ないほど“うざい”キャラクター。さらに夫の裏切りや親友の策略を疑おうともしない愚直さで、最初は「あー、イライラする…」という感想を持つかもしれません。しかし、そんな芹菜が、探偵稼業に足を突っ込み、スキルを磨くことで変化し、強くなり、持ち前の健気さでいろいろな困難に立ち向かっていくその姿に、「夫の裏切りを見返してやれ!」と思わず応援したくなる気持ちに変わっていくはず。
しかし、強く生まれ変わった芹菜は、夫を見返すどころか「夫を支えたい、救いたい。なぜなら彼は困っているから」と考える、超ポジティブシンキングな性格。逆に夫の身に降りかかっている問題を知り、解決しようと立ち上がります。
設定は浮世離れしていますが、ドラマで扱う問題はきわめてリアル。何の取り柄もない一人の平凡な主婦が、愛する夫のために奮闘する姿を通して、専業主婦から働く人まで、すべての女性に「観てすっきりした!」と思っていただける爽快なドラマを目指します。
また、探偵として潜入調査する芹菜の変装、深田のコスプレも超必見! この秋、女性だけでなく、親子で楽しんで観ることができる『専業主婦探偵〜私はシャドウ』をお楽しみに!!

モバイルサイト〈メニュー→TV→TBS→専業主婦探偵〜私はシャドウ〉
電子書籍版「私はシャドウ」配信中!〈メニュー→TV→TBS→TBSブックス〉