TBS「世界リレー2019 横浜」

写真

9月27日(金) 開幕『世界陸上ドーハ』
メインキャスターに織田裕二と中井美穂が決定!

写真

TBSで9月27日(金)から10日間にわたって生中継する陸上競技世界一決定戦『世界陸上ドーハ』のメインキャスターに織田裕二と中井美穂が決定した。
TBSで「世界陸上」の中継をスタートした1997年のアテネ大会以来、実に22年にわたる12大会連続のメインキャスターとなる。
これまで大阪・ベルリン・韓国テグ・モスクワ・北京・ロンドンと世界各地から熱戦を伝えてきた織田と中井。
今大会の舞台は世界陸上史上初開催となる中東、平均気温40度を超えるカタールの首都ドーハだ。more

見どころ

今年9月の世界陸上ドーハや 2020年東京オリンピックメダル候補のスプリンターが世界中から横浜に集結!
リレー世界一決定戦 「世界リレー」 国の威信をかけ、トップスプリンターたちがバトンをつなぐ。

今回の世界リレーの男・女4×100mリレー、男・女4×400mリレーで上位10位、
男女混合4×400mリレーで上位12位に入ったチームには9月に行われる世界陸上ドーハの出場権が与えられる。
さらに世界陸上ドーハで8位以内の国には2020年東京オリンピックの出場権獲得となる。

日本は16年リオ五輪で銀メダル、17年世界陸上ロンドンで銅メダルを獲得。狙うは世界の頂点!
男子4×100mチームJAPANは山縣亮太・飯塚翔太・桐生祥秀・ケンブリッジ飛鳥のリオ五輪銀メダルカルテットをはじめ、世界陸上200m最年少ファイナリストのサニブラウンやアジア大会200m金メダルの小池祐貴
世界陸上ロンドン日本代表の多田修平など誰が選ばれても男子4×100mリレーは『史上最速』のメンバーとなる。

「その時最も調子の良い4人で挑む」と、日本陸連もベストメンバーでの参戦を明言。
今年の世界陸上ドーハ、2020年東京五輪に向け日本の挑戦がここから始まる…

大会概要

IAA F世界リレー 2019 横浜大会 (IAAF World Relays YOKOHAMA 2019)
2019年5月11日(土)〜5月12日(日)

場所:横浜国際総合競技場(日産スタジアム)神奈川県横浜市港北区小机町3300

種目:9種目(男子3種目、女子3種目、男女混合3種目)
男子3種目(予選・決勝):(1)4x100mR (2)4x200mR (3)4x400mR
女子3種目(予選・決勝):(1)4x100mR (2)4x200mR (3)4x400mR
男女混合3種目(予選・決勝):(1)4x400mR (2)シャトルハードルR (3)2x2x400mR ※(3)は、決勝のみ

<競技規則>国際陸上競技連盟(IAAF)競技規則による。

世界陸上競技選手権大会への出場権について

ドーハ2019世界陸上競技選手権大会への出場権は、
本大会の男女4x100mR及び男女4x400mRの各上位10カ国、混合4x400mRの上位12カ国に与えられる。
また、ドーハ2019世界陸上競技選手権大会の上位8ヵ国は2020年東京オリンピックの出場権を獲得することができる。

オンエア情報

5月11日 (土)
よる7時 (BS-TBS)
よる8時50分 (TBS系列)
5月12日 (日)
夕方6時30分 (TBS系列)

TVer で無料同時配信!

このページのトップへ