コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS 『小公女セイラ』 〜AP補ホッソーのミレニウスな日々〜

ロミジュリな4話

「 お〜ロミオ!あなたはどうしてロミオなの??

というわけで、
第4話はロミオとジュリエットの舞台がメインのお話でした。
女子なら誰でも一度は憧れるジュリエット役!
それでは、4話のミレニウス日記、はじまりまーす♪

撮影では、本当の演劇さながら、
生徒達を集めて、実際にお稽古をやりました。
テレビドラマはおちゃのこさいさいのスタッフも、
舞台となると、かってが違ってどうやって作っていくのか初めはよくわかりませんでした。
そんな中、AD の宮崎は元演劇部ということで、
かなり重宝されました ☆
ロミジュリ担当の AD 池田さんは、
脚本を考えたり、配役を決めたり、撮影で使われる稽古内容や、実際舞台でやるシーンを決めたりと、一生懸命頑張ってくれたのですが、
実は本番当日は流行のインフルエンザにかかってしまい、1週間お休みというかわいそうな結果になりました…。
そんな池田さんの頑張りも皆さん見ていただけたら、幸いです。

そして大変だったのは、スタンバイ部です。
全員分の衣裳をそれぞれのサイズに合わせて、造りなおさなければならなかったので、
衣裳の東宝コスチューム総動員でやってくれました。
メイクさんも、いつもと違うクラシックな舞台のイメージに合う髪型にみんなを彩ってくれました。
おかげで、素敵なロミオとジュリエットに仕上がりました〜!

ちょっとおもしろかったのが、小沼夫妻とカイトの演技の練習部分。
あえてヘタに演じる3人がとてもおもしろかったです!
カイトなんか最後にはすみませんって言ってしまうあたり、
すごくリアルで、現場ではスタッフの笑いを誘っていました。

最後のセイラのひとりっきりのジュリエットは、
本当に感動モノです。
涙を流して、倒れるジュリエット。
その後にも、カメラ位置を変えて、再度同じカットを撮るとき、
その間未来ちゃんには、倒れたまま待ってていただいたんですが、
記録さんが近寄ると、未来ちゃんから泣き声が…。
気持ちが高ぶって、ずっとなきっぱなしだったそうです。
もう完全にセイラになっているので、
涙を止められなかったようなんです。
その姿に、記録の大蔵さんは、すごく心をうたれたそうです。
その話を聞いて、本当にすごいなと、
改めてこのシーンのセイラに感動しました。

さて、来週は今までにないような新鮮な背景が!
そうなんです、5話はロケばっかりなんです !!
そして、最後のカイトのセイラへのおでこキス ☆
何が起こったの !?  な5話は、また来週〜 お楽しみに !!

(photo)