バナー広告
コンテンツへジャンプ

ここからコンテンツです

TBS日曜劇場「佐々木夫妻の仁義なき戦い」

第10話 03.23(日)よる9時

ついに離婚訴訟へと突入した法倫(稲垣吾郎)律子(小雪)。明日を抱えて仕事をする姿から、いつしか「授乳弁護士」といわれ世間で話題となっていた律子だが、ある日の法廷で、「明日は父親が育てたほうがいい」と猪木(古田新太)が証言したことから、徐々に律子の形勢が危うくなってきていた。今まで律子がしてきた破天荒な行動について週刊誌が目をつけ、そのことを悪く書き立て始めたのだ。

それら記事の影響でクライアントが離れ始め、窮地に立たされた律子。仕事も育児も破綻寸前という記事を見て「こういう記事を証拠で出せば裁判官の心証を左右するでしょうね」との、ゆと子(江波杏子)の言葉に、それを聞いていた法倫はなぜだか複雑な表情を見せる…。それを見た小川(山本耕史)が話しかけると、律子はどうでもいいが明日が心配だと語気を強めた。

日が変わり、子どもの明日に対しての養育環境を問いただすべく、法倫は証人として律子の母・浩子の出廷を要請する。今まで離婚裁判の行方を見守っていた馬場(藤田まこと)蝶野(西村雅彦)恵(酒井若菜)ら事務所の面々だが、いよいよ自分たちの行く末を心配し始める。また、証人を断って事務所を離れてしまった桜庭(小出恵介)は、スポーツ新聞の記事で律子の窮地を知り愕然としていた。
その頃、律子は友人の所(天野浩成)を訪ね、ある協力を頼み込む…。


2008年1月20日スタートよる9時(初回75分スペシャル)