人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

次回予告

2018.12.15放送

立川志らくさん

常連客 ピエール瀧さん、足立梨花さん

放送内容

2018.12.8

写真

ゲスト ISSA(DA PUMP)さん

常連客 高橋茂雄(サバンナ)さん、光浦靖子(オアシズ)さん

Today's Menu

  • 写真
    DA PUMP ISSA「C`mon baby 沖縄」

    YOUTUBE総再生回数は1億2000万回(2018年12月5日現在)を突破!今年、「U.S.A.」で再ブレイクを果たし、16年ぶりの紅白歌合戦に出場するDA PUMPのリーダー・ISSAさん。1997年のデビュー後、5年連続紅白出場など一世を風靡し、また“芸能界一のモテ男”と呼ばれるほどの人気で、名実ともに頂点を極めた。しかしその後、メンバーの脱退などで長い不遇の時代へ…。ショッピングモールでライブを行うなど地道な活動を続け、いま再び脚光を浴びている。そんなISSAさんの音楽人生の裏には、良い時も、悪い時も、故郷・沖縄があった。そして、沖縄の美味しいものも、ISSAさんの心と体を癒し、再ブレイクを支える活力となっていた。そんなISSAさんを支えた沖縄のディープな絶品グルメを紹介。どん底から這い上がった男の“人生最高の一品”とは?

  • 写真
    写真
    写真

    ■活!ロブスターうにソース風味 & フィレミニオンステーキ

    沖縄市「ちゅらすがい」

    街中で沖縄民謡からロックまでが音楽が日常的に溢れ、アメリカ文化が共存した異国情緒の漂う、沖縄市。そんな沖縄市で生まれ育ったISSAさんが学生時代にバイトをしていたのが、中城湾のヨットハーバーに隣接する「サムズバイザシー泡瀬店」。1970年にアメリカ人が創業。洋船をイメージした店内で、店員の制服はセーラー服というオシャレな雰囲気が最大の魅力だという。そんなお店はISSAさんにとって、「ちゅらすがい」な場所。沖縄の方言で、「ちゅら」は“美しい”、「すがい」は“格好”で、「ちゅらすがい」とは、“美しい恰好=盛装”という意味。つまり、ちょっと盛装して行く、ISSAさんにとっては敷居の高いお店であった。ここで必ず注文するのが、「活!ロブスターうにソース風味&フィレミニオンステーキ」。その日に仕入れた新鮮なロブスターを蒸し、特製ウニソースをたっぷりかけてオーブンで焼く。そして、ステーキは最上質のヒレ肉にベーコンを巻いて焼いた一品。

    *店舗情報:
    「サムズバイザシー泡瀬店」
    沖縄県沖縄市泡瀬1-41-15

  • 写真

    ■白身魚(ビタロー)のバター焼き

    写真

    ■特上ずし

    写真

    ■うに丼
    ※現在、提供していません。

    北谷町「やーにんじゅ」

    「やーにんじゅ」とは“家族”のこと。2品目は、ISSAさんが幼い頃から家族で訪れている寿司店「次郎長寿司」の一品。沖縄の中部に位置する北谷町(ちゃたんちょう)、サンセットの美しいアラハビーチ沿いにある北谷ハンビー店がISSAさん一家の行きつけ。沖縄県産の本マグロ、ミーバイやビタロー(ハナフエダイ)など地魚を使った寿司の他、沖縄の本格魚料理が味わえる。オススメは、沖縄の定番魚料理「白身魚(ビタロー)のバター焼き」。そして、30年以上も家族ぐるみでお世話になっている大将が握る「特上ずし」と「うに丼」。特に、「うに丼」は幼い頃から大好きで必ず食べていたものだという。

    *店舗情報:
    「次郎長寿司 北谷ハンビー店」
    沖縄県中頭郡北谷町北谷1-12-8

  • 写真

    ■フリーダムステーキ

    夜の観光大使ISSAが案内する「沖縄の夜遊び」

    沖縄市の観光大使(ちゃんぷる〜沖縄市大使)に続き、“夜の観光大使”にも任命され、バーやクラブなど夜の文化・経済を盛り上げる活動を行うISSAさん。そんなISSAさんがオススメする「沖縄の夜遊びスポット」。まずは、沖縄市胡屋にある「純道場」というバー。店主の与那覇さんは、ISSAさんの中学時代の先輩で、ここはISSAさんの仲間がよく集うお店。実は、店長は元アームレスリングの選手だったことから、お酒の合間に「一丁やるか!」と公式の競技台で腕相撲を楽しむことができる。2軒目は、沖縄市のコザゲート通りにある「クラブ・クイーン」。QUEENやBON JOVIなどの名曲をカバー演奏するPRYZMというフィリピン出身の実力派アーティストがステージに立ち、連日朝まで生ライブを楽しみながらお酒を飲める。そして最後は、はしご酒の後に“シメのご飯”で訪れる喫茶店「ティールーム フリーダム」(沖縄市)。そこでシメに食べるのはナント、「ステーキ」。飲んだ後のシメにステーキを食べるのは、沖縄ならではの習慣だという。

    *夜遊び①店舗情報:
    「純道場」
    沖縄県沖縄市胡屋1-9-5 2F

    *夜遊び②店舗情報:
    「Culb Queen」
    沖縄県沖縄市上地1丁目2-1

    *夜遊び③店舗情報:
    「ティールーム フリーダム」
    沖縄県沖縄市中央3丁目1-13

  • 写真
    写真

    ■イラブー汁定食

    北中城村「人生最高」

    良い時も、悪い時も、ISSAさんを支えてきた故郷、沖縄。そこは帰る場所であり、昔と変わらない仲間たちの存在がある。そんな沖縄だからこそ出会えた“人生最高の一品”は、「奇跡の料理」と呼んでもいい「イラブー料理」。そのイラブー料理が食べられるのが、北中城村にある週2回土日しかオープンしない「イラブー料理 カナ」。イラブーとは、エラブウミヘビのこと。イラブーは、滋養強壮の効能があると言われ、琉球王朝時代には宮廷の高級食材とされていた。「カナ」でイラブー料理を食べた時、すごく体調の悪かったISSAさんは、一瞬にして元気になったという。そんな奇跡のような食材・イラブーは、沖縄で“神の島”と呼ばれる久高島で400年続く手づかみ漁で捕獲された最高級のもの。伝統技法で2週間かけて燻製にしたイラブーを丁寧に下処理し、骨も全て取り除き、2日間何度も煮込んだ後、さらにチグマー(豚の足先)や昆布などと一緒にじっくり煮込む。そうして手間をかけて出来上がった「イラブー汁」は、見た目とは異なり、「ヤバいほど美味しい」という。これまで数々の美味しいものを食べてきたが、「人間って食べ物が大事」だと気付かせてくれた、まさに最高の料理。

    *店舗情報:
    「イラブー料理 カナ」
    沖縄県中頭郡北中城村字屋宜原515-5

この後、何食べる?

  • 写真
    写真

    ■イラ

    常連客オススメ「肉好きには堪らない!肉好きの楽園」
    by 高橋茂雄さん

    東京・三田にある「肉焼屋 D-29」。市場に出回らない黒毛和牛・雌牛の29種類もの肉の部位を取り揃え、好みの部位を、好みのカット、焼き加減で味わえる。もし迷った時は、肉ソムリエがいるので、美味しい肉をその日の気分に合わせて存分に楽しめる…肉好きには堪らないお店。

    *店舗情報:
    「肉焼屋 D-29」
    東京都港区芝 5-25-2

過去の放送内容はこちら

番組概要

舞台は“料理を一切出さない”という、かなり変わったお店 「人生最高レストラン」。
ここでは料理の代わりにゲストの「人生で最高においしかったものの“お話”」を味わえる。
来店するゲストは、今観たい、話を聴きたい“時の人”。
ゲストが語る“人生最高の一品”を視聴者がまるで味わうように追体験できる新感覚のグルメ・トークバラエティだ。
また、この番組は単なるグルメ番組ではない。
「食を通して、人を知る」 ことが、もうひとつのテーマ。
毎回、ゲストの 「人生で一番おいしかったものの“お話”」を通してMCの徳井義実と笹川友里TBSアナウンサーが人生の思い出や苦労話などのエピソードそして価値観や人生の愉しみ方などを引き出しゲストの素顔、魅力に迫る。
週末の夜に、“最高の食談” と “奥深い人生の語らい”で視聴者の皆様に心豊かでプレミアムな時間をお届けする。

MC

  • 徳井義実(チュートリアル)
  • 笹川友里(TBSアナウンサー)

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.