人生最高レストラン

毎週土曜 よる11時30分

次回予告

2017.9.23放送

田中美佐子さん

常連客 朝比奈 彩さん、ピエール瀧さん

放送内容

2017.9.16

写真

ゲスト 森公美子さん

常連客 YOUさん、ピエール瀧さん

Today's Menu

  • 写真

    自他共に認める“芸能界のグルメ女王”森公美子さん。実家が“料理が美味しい”と評判の旅館だったことから、小さい頃から美味しいものには目がなかったという。そんな森さんのグルメっぷりは、「予約が取れたからと…ファーストクラスでわざわざ海外へ行ったり」、「美味しいちゃんこ鍋を食べたくて…相撲部屋を訪ねたり」など、驚くエピソードが満載。さらに、森さんのグルメ人生には、あるドラマがあった。

  • 写真

    ■公美さん唐揚

    写真

    ■明太バターピザ

    写真

    ■フレンチトースト

    写真

    ■オムライス

    博多 今1番食べたいアレ

    森さんが博多に行けば必ず入り浸ってしまうというお店が、居酒屋「伴ノ字」。屋台をやっていたご主人が独学で磨いたという料理は、全てがリーズナブルで絶品の味。森さんは、「博多公演があると…美味しすぎて必ず太るから、事前にダイエットして博多入りする」という。

    ■公美さん唐揚
    森さんの「生姜をもっと効かせて」というリクエストに応えて、名付けられた唐揚げ。カリッと熱々に揚げられた唐揚は、ジューシーで生姜の香り豊かな一品。

    ■明太バターピザ
    薄めに伸ばした生地に、博多名物の明太子、イカ、バター、チーズをたっぷりと乗せたピザ。少し焦げて溶けたバターに明太子とイカが絡み合い、全ての旨味がチーズによって閉じ込められた絶品の味を、森さんは「ピザの本場イタリアなんか、話になりませんわ!!」と言い切る。

    ■フレンチトースト
    この居酒屋には、“驚きのスイーツ”もあった。それが2時間以上も卵に漬け込んで2倍の大きさに膨れ上がったフランスパンをふんわりトロけるように焼き上げ、アイスクリームを添えた絶品フレンチトースト。森さん曰く、どこのフレンチトーストよりも最強だという。ちなみに、事前に要予約メニュー。

    ■オムライス
    シメでいただくのは、森さんが「オムライスは飲み物!」と言い切る、ドゥルン!ドュルン!衝撃トロトロのオムライス。オープン以来注ぎ足している秘伝のドミグラスソースをたっぷりと混ぜたライスはトロトロ、卵も半熟トロトロ、さらに卵の上にトロトロのドミグラスソースをかけた、最強トロトロな一品。

    *店舗情報:
    「博多DINING 伴ノ字」
    福岡県福岡市奈良屋町12-21

  • 写真

    ■フカヒレの姿煮込み

    千駄木 最期に食べたいアレ

    森さんが「最期の晩餐」にするならと選んだのが、中華料理の名店・天外天の「フカヒレの姿煮込み」。日本における“中華料理の祖”と言われる伝説の料理人・陳建民氏(四川飯店の創業者)の下で修業した店主が作る。通常のフカヒレより繊維が太く、食感がしっかりとしているモウカザメのフカヒレを使い、豚骨ベースのスープと金華ハムなどから煮出したスープの2種類を混ぜ合わせた独自のソースで煮込む。皿まで食べ尽くしたいという森さんが、「食べれば食べるほど腹が減る」というほどの美味しさ。実はフカヒレの美味しさ以外に、森さんにとってこのお店が大切な理由があった。それは、交通事故に遭い意識不明で入院していた夫が「大好きな“天外天の酢豚”の匂い」に反応。その後に意識も戻り、無事回復したという奇跡があったから。森さんにとって夫を救ってくれた“命の恩人・料理”だった。

    *店舗情報:
    「天外天」
    東京都文京区千駄木3-33-6 仲慶ビル4階

  • 写真

    ■プティカナール・フレデリック ドゥレールの
    ロースト トゥールダルジャン風

    紀尾井町 始まりのアレ

    創業1582年。各国の皇帝や貴族たちをはじめ世界中のV.I.Pをもてなしてきたフランスの最高級レストラン、トゥールダルジャン。この店こそ、森さんにとってグルメ人生の原点。オペラ歌手を目指してイタリア・ミラノに留学していた20歳の頃、バックパッカーで旅行中にパリに立ち寄った。その時、日本にいる父親から「せっかくパリにいるなら、トゥールダルジャンで鴨料理を食べなさい」と言われ、「是非その鴨料理を食べてみたい」と思った森さんは、トゥールダルジャンへ。しかし、超人気店のため飛び込みで入店できるわけもなく、連日断ら続けた。数日後、毎日通い詰める日本人女性の熱意にお店側も根負けして、特別に席を用意してくれた。夢にまで見た鴨料理を味わって感動する森さんを見て、シェフたちは嬉しそうな表情を浮かべていたという。そんなトゥールダルジャン世界唯一の支店が、紀尾井町のホテルニューオータニ東京にある。ここで、森さんがパリ本店で食べた鴨料理「プティカナール・フレデリックのロースト トゥールダルジャン風」がいただける。丁寧にローストしてオーブンでじっくりと火を通した幼鴨を、お客様の目の前で切り分けてくれる。残った部位を専用プレス機にかけ、血やレバーなど素材のエキスを1滴残らず搾り取って作られた特製ソースは、濃厚で深い味わい。鴨の旨味を余すことなく堪能することができるこの一品が、森さんの人生最高の一品。

    *店舗情報:
    「トゥールダルジャン 東京」
    東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京

この後、何食べる?

  • 写真
    常連客オススメ「ペルー料理」
    by ピエール瀧さん

    今世界中で注目を浴びている“ペルー料理”の魅力を最大限楽しめるお店、神宮前にある「ベポカ」。ピエール瀧さんが気になっているのは、鮮魚をライムやペルー産唐辛子でマリネにした「セビチェ・コン・チチャロン」。酸っぱくて美味しい、やみつきになる一品。

    *店舗情報:
    「ペルー料理レストラン ベポカ」
    東京都渋谷区神宮前2-17-6

過去の放送内容はこちら

番組概要

舞台は“料理を一切出さない”という、かなり変わったお店 「人生最高レストラン」。
ここでは料理の代わりにゲストの「人生で最高においしかったものの“お話”」を味わえる。
来店するゲストは、今観たい、話を聴きたい“時の人”。
ゲストが語る“人生最高の一品”を視聴者がまるで味わうように追体験できる新感覚のグルメ・トークバラエティだ。
また、この番組は単なるグルメ番組ではない。
「食を通して、人を知る」 ことが、もうひとつのテーマ。
毎回、ゲストの 「人生で一番おいしかったものの“お話”」を通してMCの徳井義実と笹川友里TBSアナウンサーが人生の思い出や苦労話などのエピソードそして価値観や人生の愉しみ方などを引き出しゲストの素顔、魅力に迫る。
週末の夜に、“最高の食談” と “奥深い人生の語らい”で視聴者の皆様に心豊かでプレミアムな時間をお届けする。

MC

  • 徳井義実(チュートリアル)
  • 笹川友里(TBSアナウンサー)

Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.