はじめに

パナソニック ドラマシアター『宮部みゆきミステリー パーフェクト・ブルー』(月曜よる8時〜放送)

宮部みゆきの原作を新たにTBSが連ドラ化! ヒロイン瀧本美織が難事件に挑む! 真実を探し出す、女性探偵事務所の物語。

数多くのベストセラー推理小説を世に送り出し続けている宮部みゆきの長編デビュー作「パーフェクト・ブルー」と、その作品に登場する人物たちで描かれた「心とろかすような─マサの事件簿」の2作品を原作として連続ドラマ化。
「パーフェクト・ブルー」は以前、WOWOWでドラマ化され劇場公開もされた作品だが、今回は原作の設定を若干変更し、連続ドラマとしてミステリーをたっぷりと楽しめる内容となっている。
舞台となる女性ばかりの“蓮見探偵事務所”に調査員として勤める主人公・蓮見加代子を瀧本美織が、その事務所の所長で加代子の母、杏子を財前直見が、事務所近くの“BARラ・シーナ”のマスターで調査員からも信頼の厚い椎名悠介を寺脇康文が演じる。そして蓮見探偵事務所の用心棒的存在で、調査では加代子とコンビを組む元警察犬・マサの声を船越英一郎が担当する。
加代子の亡き父は新聞社の社会部に勤務していたが、7年前に自殺。しかし、その真相は闇の中にあり、杏子は密かにその事実を追っていた。そして、ある事件をきっかけに加代子や周囲の人間たちが絡み、父の死の真相に迫ることに。 この事件が描かれている「パーフェクト・ブルー」を縦軸に、短編ミステリー集「心とろかすような─マサの事件簿」の事件を織り交ぜ、一話完結のスタイルで描く。
嘘や隠し事が大嫌いで正義感の強い性格の加代子が、いつも冷静に人間と事件を観察しているマサと共に繰り広げる謎解きと、個性豊かな探偵事務所の面々が織り成す人間味溢れるドラマにご期待下さい。
主演・瀧本美織 からのコメント
この作品に関われることが、率直に嬉しいです! 犬も大好きで、いつか共演してみたいと思っていたのでもう夢みたいです。素敵なパートナーになれたらいいな! 自分自身は、ミステリードラマを見ていても犯人を当てられないし、話の展開に戸惑ったり、ミステリーとは程遠い気もしますが、視聴者の皆さんをハラハラさせたいしどんどん巻き混んでいくドラマにしたいです。
プロデューサー・白石統一郎 からのコメント
宮部みゆき先生の長編デビューという記念すべき作品を、連続ドラマ化させていただくことになりました。原作をベースに宮部作品のもつ社会派の視点、そして市井の人々への温かな目線を忘れずに、現代風に大胆なアレンジを試みます。但し原作そのままの設定である新米女性探偵と元警察犬というユニークな組み合わせは、まさしく連続ドラマに求められる普遍的なヒーローキャラクターであり、シリーズ化も夢ではないと確信しています。

twitter

YouTube

TBSトップページサイトマップ Copyright© 1995-2020, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.