登場人物

君嶋隼人 / 大泉 洋

トキワ自動車府中工場総務部長兼アストロズ・ゼネラルマネージャー。 勤続25年、エリート社員として輝かしいキャリアを積んできた。しかし、上司である取締役営業本部長・ 滝川桂一郎が進める企業買収に異を唱えたことから、本社から府中工場の総務部長に飛ばされ、14億円もの赤字を抱えるアストロズのゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。

君嶋真希 / 松たか子

君嶋の妻で、10歳と8歳の男児の母。 明朗快活で楽天家。君嶋の最大の理解者である一方で、夫が落ち込んでも深刻にならず、尻を叩き、大したことはないと飄々としている。理不尽なことや間違ったことに対して相手が誰であろうが物申すところは君嶋と同じである。

岸和田 徹 / 高橋光臣

アストロズの主将でポジションはCTB(センター)。府中工場総務部に勤務。 常にチームのことを真剣に考え、周りをよく見ている。選手としての自らの活躍よりもチームとしての勝利を優先させる男。君嶋、柴門の右腕となってチームを支えていく。

七尾圭太 / 眞栄田郷敦

トキワ自動車本社海外事業部所属。 ニュージーランドでの大学時代に挫折を経験し、心機一転、日本で新しい人生を歩もうと帰国。ビジネスが したいとトキワ自動車に入社した。君嶋と出会い人生が一変。君嶋の再起の切り札となっていく。

佐倉多英 / 笹本玲奈

トキワ自動車府中工場の総務部員で、アストロズのアナリスト。 体育会系のキビキビした雰囲気をまとった仕事のできる女性。アナリストとしての能力もずば抜けており、ラグビーに関するありとあらゆる情報を集め分析、選手たちにレクチャーを行うチームのブレーン。アストロズに欠かせない武器である。

星野信輝 / 入江甚儀

トキワ自動車研究所の研究員であり、アストロズのファンの1人。彼の発言をきっかけに、カザマ商事買収を巡る一件が大きく動き出すことになる。

鍵原誠 / 松尾 諭

ラグビー界の重鎮・津田三郎率いる「サイクロンズ」のゼネラルマネージャー。津田と同じく城南大学ラグビー部出身。業界きっての情報通であり、選手としては大きな活躍こそなかったが、ゼネラルマネージャーとしては一流の男である。

脇坂賢治 / 石川 禅

トキワ自動車・経営戦略室に所属する君嶋の元上司。経営戦略室長としてトキワ自動車の舵取りに一定の影響力を持ち、常務取締役営業本部長の滝川とは同期で、対立する滝川と君嶋をとりなそうとするが…。

吉原欣二 / 村田雄浩

前トキワ自動車府中工場総務部長、前アストロズゼネラルマネージャー。

新堂智也 / 藤原光博(リットン調査団)

トキワ自動車府中工場の工場長。

富野賢作 / 佐伯大地

社会人ラグビーチーム・サイクロンズの10番、スタンドオフの選手。日本代表のエースナンバー(10番)をも背負い、正に日本を代表する選手。アストロズの最強のライバルとなり、立ちはだかっていく。

藤島レナ / 阿部純子

トキワ自動車本社、海外事業部所属。中途入社で入ってきた新入社員・七尾圭太の教育担当。トキワ自動車内でも数少ないアストロズの熱狂的ファンで、中でも浜畑譲のファン。彼女の言動が七尾を、そしてやがてはアストロズを動かすことになる。

中本理彩 / 山崎紘菜

トキワ自動車の社員。あまりラグビーに興味がない。

吉田夏帆 / 南端まいな

トキワ自動車の社員。

本波寛人 / 天野義久

アストロズのNO.8。アストロズの中⼼選⼿の1人で、チームでは若⼿たちをまとめるリーダー格。

浜畑 譲 / 廣瀬俊朗

アストロズ不動のエースのSO(スタンドオフ)であり、元⽇本代表。円熟味のある華麗なプレースタイルでチームを引っ張る絶対不動の司令塔。⾥村と⼈気を⼆分するチームの⼤⿊柱。

安西信彦 / 齊藤祐也

ポジションは FL(フランカー)。アストロズにとって FW の精神的⽀柱となっている存在。元⽇本代表であり、年齢的にも現在のアストロズを引っ張る中⼼選⼿。

佐々 一 / 林家たま平

アストロズの新⼈ SH(スクラムハーフ)。気は弱いが優しい性格。

友部祐規 / コージ(ブリリアン)

ポジションはFL(フランカー)で、ジャッカルが得意な選手。プレーは荒く、野心家で、生意気である。降格圏を低迷する現状のアストロズに満足しておらず、試合で目立って、より上の他のチームに行きたいと考えている。

里村亮太 / 佳久 創

ポジションは SH(スクラムハーフ)。⽇本代表のキャップ経験もあり、浜畑と共にアストロズを牽引するスター選⼿。⼈⼀倍負けず嫌い。

有馬真吾 / 村田 琳

アストロズのメディカル兼任のアシスタント。府中工場総務部勤務。 セーフティーアシスタントの認定を持ち、ラグビーに関する深い知識を武器にチームを支える16番目の選手。

君嶋博人 / 市川右近

君嶋と真希の長男。

君嶋尚人 / 盛永晶月

君嶋と真希の次男。

「多むら」の女将 / 凰稀かなめ

アストロズ行きつけの居酒屋「多むら」の女将。

青野 宏 / 濱津隆之

カザマ商事が開発を進めるゴルフ場「府中グリーンカントリークラブ」の担当責任者。元ラガーマン。実は君嶋も知らないカザマ商事のある秘密を抱えており…。

島本 博 / 西郷輝彦

120年の歴史があるトキワ自動車創業家社長。 根っからのラグビー好き。社会人ラグビーの最上位リーグであるプラチナリーグ創設に賛同して、アストロズの創設、参加を決めた。毎年14億円もの赤字を計上し、社内のお荷物とも評されるチームの唯一の理解者でもある。

木戸祥助 / 尾藤イサオ

日本蹴球協会プラチナリーグ担当専務理事であり実務のトップを担う。プラチナリーグの赤字経営を改善すべく様々な改革案を持ち込む君嶋を疎ましく思い対立していく。

富永重信 / 橋 幸夫

日本のラグビー界を束ねる日本蹴球協会の会長。ラグビーがプロスポーツではなくアマチュアであることを神聖視し、収益性を求めることを悪とする考えの持ち主。ラグビーの素人でアストロズを実力とともに経営的な面から立て直している君嶋とは対極にいる。

柴門琢磨 / 大谷亮平

アストロズ監督。名門城南大学ラグビー部出身。 口数は少ないがいつも静かに闘志を燃やし、とにかく勝ちにこだわる。冴え渡る観察眼と誰よりもチームのことを考える考察の深さ、そして圧倒的な情熱を持つ。君嶋とは過去にある因縁が。アストロズを勝たせるために、多くの改革を断行していく。

津田三郎 / 渡辺裕之

ラグビーの名門・城南大学の大物OB にして、社会人ラグビーチームの強豪・サイクロンズを率いる名将。誰もが知る日本ラグビー界の重鎮。柴門を城南大学ラグビー部の監督から更迭した張本人。何より伝統を重んじ、数々の改革を断行し、伝統を踏みにじった柴門を心の底から嫌っている。

風間有也 / 中村芝翫

カザマ商事三代目社長。 君嶋が飛ばされる原因となった企業買収話に絡む人物。ある思惑を持っており、風間の存在はやがてトキワ自動車全体を揺るがす事態へと発展していく。

滝川桂一郎 / 上川隆也

トキワ自動車の常務取締役営業本部長。 次期社長候補と目され出世街道をひた走る男。押し出しが強く、弁も立ち、社内では一目を置かれる存在。 自らが提起した企業買収話に異を唱えた君嶋を天敵とみなし、敵対していく。

人物相関図へ戻る

このページの先頭へ