3月11日(金)午後1時55分〜午後3時53分 生放送・全国ネット
(引き続き通常の『Nスタ』を放送)

Nスタ3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力

番宣画像

スポット動画

※ 一部端末では動画がうまく再生できない場合がございます

360°動画

※360°動画視聴の際には、モバイル端末では最新バージョンの Android またはiOS 向け YouTube アプリを使用。パソコンのウェブブラウザは Chrome、Opera、Firefox、または Internet Explorer の最新バージョンを使用。

SNSアカウント

※ 外部サイトへ移動します

みどころ

戦場カメラマン・渡部陽一とタレント・なすびが出演
日本初の「都市型津波」検証も

毎週月〜金曜午後3時53分から放送している『Nスタ』では、東日本大震災から5年目を迎える3月11日(金)に、通常の放送時間を拡大して5時間の生放送をお送りする。
大地震が発生した時刻を含む時間帯には、通常の番組を変更して『Nスタ3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力』(JNN報道特別番組)(午後1時55分〜午後3時53分/生放送・全国ネット)と題した特別番組を放送。ゲストとして戦場カメラマン・渡部陽一と福島県出身のタレント・なすびが生出演し、被災地の今をリポートすることが決まった。さらに番組では、東北随一の都市・仙台の“ベッドタウン”で起きた、日本が初めて経験した「都市型津波」からの避難の動きを多角的に検証する。

■「未公開映像が語る5年前の“記憶”と“今”」戦場カメラマン・渡部陽一

5年前、渡部陽一が震災直後の岩手県内の被災地へ取材に入っていたことはあまり知られていない。被害の様子を「写真」に記録するだけでなく「ビデオ」も撮影し自らリポートしていた。宮古市では、大津波に飲み込まれ街中まで流れ込んだ漁船と出くわす…。壊滅状態の陸前高田市ではバラバラになった住宅の木片を前に立ち尽くす…。さらに渡部の“未公開映像”には、カメラに向かって自ら震災を語る被災者の姿もあった。この5年、何度も現地を取材してきた渡部が、被災地の現状と課題を生報告する。

photo6

被災地で「写真」だけではなく「ビデオ」も撮影し、自らリポートしていた戦場カメラマン・渡部陽一


■「世界に向けて“福島を叫ぶ”被災地を歩き、今を発信」タレント・なすび

1990年代に出演したバラエティ番組で一躍有名になったなすび。福島県出身の彼は、タレント・俳優業の傍ら、震災後は福島県の「観光交流大使」も務めている。今、被災地に必要なのは「直接的な支援だけでなく、間接的な応援」と訴えるなすびの最大の挑戦が「エベレスト登山」。世界最高峰に登ることで福島にいいニュースを伝えたい、頂から世界の支援を再び喚起したい…。だが、度重なる不運でこれまで3度断念。そんななすびが、昨年11月から始めたのが青森・八戸から福島・相馬までの沿岸約700キロを歩く「みちのく潮風トレイル」だ。
復興を進める住民とその街の情報を“応援団長”としてSNSで日々発信している。なすびが、自分の足で被災地を見て歩き、感じた“復興の形”とは?

photo7

タレント・なすびが被災地の今をリポート


■検証 ベッドタウンを襲った日本初の「都市型津波」 海が見えない場所に突然…

仙台市の北東にある「多賀城市」。仙台からのアクセスの良さからベッドタウンとして人気が高く、仙台港に近い物流の要所としてトラックなどの交通量も多い地域だ。建物が林立し、四方を見渡しても“海が見えない”地形は、首都圏や、ほかの都市部にも共通する。そこに津波が襲来した。ゆっくりと雨水が染み込むように広がる“黒い水”が、いつしかビルやマンションの間を抜け、瞬く間に街を飲み込んでいく…。その時、人はどのように動いたのか? のちに国が聴き取りした住民の証言などをもとに、東京大学が避難者の動きをCG化。“点と線”で可視化することに成功した。JNNが記録した当時の「現場映像」とともに、日本が初めて経験した「都市型津波」を検証する。

photo8

避難者の動きをCG化

さらに番組では、政府の追悼式典や、岩手・宮城・福島の被災地から中継を交えて、大震災から5年の「現状」と「課題」そして未来へ生かすべき「教訓」をテーマにお伝えする。

お知らせ

東日本大震災から5年の3月11日 『Nスタ』拡大版 を生放送
被災地の“今”を「360°動画」で記録

「大震災から5年」に向けて『Nスタ』では、被災地の“今”の様子をリアルに伝える企画をSNSと連動した形で、2つ展開する。

まず、震災から5年が経過した被災地の“今”を「360°動画」撮影が可能なカメラで取材。撮影した360°動画を『Nスタ』番組FacebookとTBS公式YouTubeにアップし、随時更新する予定だ。(*360 度動画の視聴には、モバイル端末では最新バージョンの Android または iOS 向け YouTube アプリを使用。パソコンでは Chrome、Opera、Firefox、または Internet Explorer の最新バージョンを使用。)5年前には実現しなかった「VR=バーチャルリアリティ」の導入で、被災地の変化、或いは変化していない様子を、より立体的に、そして見たい角度から見ることが出来るようになる。地元を離れ避難先で暮らす被災者だけでなく、日本各地や海外で暮らす人にも被災地の“今”の姿を伝え、知ってもらうツールになると考えている。

さらに番組では、写真・動画の共有サイト「Instagram(インスタグラム)」を通じて被災地に関連する写真の投稿を呼びかける。被災地の「今の様子」だけでなく「心に残った風景」や「復興の様子」、「人の動き」、「名産の食材」など、幅広いテーマやキーワードで投稿を募る。

photo5


「360°動画」の記録と「Instagram」に投稿された写真の一部は、震災から5年の1ヶ月前となる2月11日(木・祝)の『Nスタ』と、3月11日(金)の特別番組『Nスタ3.11震災5年 記憶を未来へ伝える力』の中で放送する予定だ。

被災地では、一日も早い住宅や店舗などの再建、街の復興を望む声とともに、未曾有の大地震と大津波の被害を「忘れないでほしい」という声も多く聞かれる。この企画を通じて、今一度被災者の皆さん、そして全国の人々とともに被災地のことを思い起こす機会になればと考えている。

出演

ゲスト:渡部陽一(戦場カメラマン)
    なすび(タレント・俳優)
スタジオ進行:堀尾正明
中継進行:加藤シルビア(TBSアナウンサー)宮城・南三陸町
各地中継:神山浩樹(IBC岩手放送アナウンサー)岩手・陸前高田市
石川太郎(TBC東北放送アナウンサー)宮城・南三陸町
小野美希(TUFテレビユー福島アナウンサー)福島・南相馬市

ページトップへ