イントロダクション

TBS&WOWOW共同制作ドラマ『MOZU』劇場版『MOZU』公開にちなみ、羽住英一郎が演出するスペシャルドラマの制作・放送が決定!!「大杉探偵事務所〜美しき標的編」に続き「大杉探偵事務所〜砕かれた過去編」をTBS系列で12月14日オンエア決定!元捜査一課の敏腕刑事、今はしがない私立探偵大杉良太(香川照之)交番勤務の一警察官だが、警視庁一の情報通鳴宮啓介(伊藤淳史)最強(?)コンビが、美女にまつわる難事件に挑む!

2014年にTBS&WOWOW共同制作の連続テレビドラマとしてスタート、2015年に映画化と、日本のエンターテインメント界に大反響を巻き起こしている『MOZU』。新たなムーブメントを展開するべく、TBS&WOWOW共同制作で『MOZU』スピンオフドラマを制作・放送することが決定した。タイトルは『MOZUスピンオフ 大杉探偵事務所』
主人公は、『MOZU』テレビシリーズで主人公・倉木(西島秀俊)や同僚・美希(真木よう子)とともに事件解決に奔走した、叩き上げの熱い刑事・大杉良太(香川照之)。劇場版「MOZU」では、警察への不信から警察官を辞め探偵事務所を開業している設定になっている大杉。スピンオフドラマでは、娘・めぐみ(杉咲花)や妻・恵子(堀内敬子)との気になる関係も描きつつ、交番勤務ながら警視庁内の情報通で良き相棒・鳴宮啓介(伊藤淳史)らの協力を得て、悪戦苦闘しながらも大杉探偵事務所に持ち込まれた依頼を解決していく姿を描く。その過程で大杉が警察を辞めた理由も明らかになっていく。

スピンオフドドラマ『大杉探偵事務所』には、連続テレビドラマ、そして劇場版でメガホンを取った羽住英一郎監督はもちろんのこと、脚本・仁志光佑、音楽・菅野祐悟ら、『MOZU』ワールドには欠かせないスタッフが再結集。また、大杉とともに事件の真相を追う鳴宮や、離婚問題で揺れるめぐみや恵子のみならず、『MOZU』ワールドの象徴である倉木(西島秀俊)美希(真木よう子)津城(小日向文世)らオリジナルキャストも出演する。

TBSで最初に放送される「美しき標的編」は、殺害予告を受けた大物女優・百合をボディーガードするよう依頼を受けた大杉が、芸能界の闇や女たちの確執が渦巻くなか、見えない敵と闘い百合を守り抜く姿を描く。地上波の2時間ドラマらしい、誰もが楽しめる王道のエンターテインメント作品だ。ゲスト出演者として、日本を代表する大物女優・白石百合役に飯島直子、百合の事務所社長でボディーガードの依頼者・植田かなえ役に片桐はいり、百合の現場マネジャー・竹中聡美役に水崎綾女が決定している。
また、WOWOWで最初に放送される「砕かれた過去編」は、死んだはずの妹が姿を現したという相談を受けた大杉が、謎に包まれた施設を調査。警察を辞めるきっかけとなった苦い経験がオーバーラップするなか、驚愕の真相に辿り着くストーリーだ。時間と記憶、そして真実と虚像が巧みに交差するWOWOWならではの新機軸のサスペンスとなる。こちらには、警察官時代の相棒・三島彰文役に桐谷健太、依頼者・小池リサ役に早見あかり、大杉が三島と追っていた容疑者・佐藤恒吉役に浦井健治が出演する。

この『大杉探偵事務所』では、『MOZU』テレビシリーズでインパクトを残した台詞がところどころ登場するなど、『MOZU』ファンにとっては待望の作品になる。さらに、スピンオフならではのオリジナルストーリーに新たなキャストが加わり物語が展開するので、『MOZU』を知らない視聴者にも楽しめる作品だ。
「美しき標的編」はTBSで11月2日(月)よる9時〜に放送され、「砕かれた過去編」もTBS系列で12月14日(月)よる9時から、地上波初放送されることが決定した。
劇場版「MOZU」も絶賛公開中のタイミングでのオンエアということで、さらなる『MOZU』ワールドの拡大にご注目ください!!

放送前コメントはこちら