物語


水戸光圀(里見浩太朗)はある夜、水戸藩江戸屋敷で、息子の松平頼常(高橋光臣)に斬られる夢を見た。讃岐高松藩主である頼常に何か起きたのか…光圀は不吉な思いで目が覚めた。

 その頃、次期将軍の内定者である甲府藩主・徳川綱豊(永井大)は刺客に狙われるが、危機一髪で命拾いした。そのことを甲府藩の用人、田代一郎兵衛(秋野太作)に相談された光圀は、将軍・徳川綱吉(植草克秀)に了承を得て綱豊を旅に連れ出す。旅のお供は佐々木助三郎(原田龍二)渥美格之進(合田雅吏)、そして八兵衛(林家三平)である。
道中、柳沢吉保(田中健)の命を受けた刺客・荒巻眩斎(六平直政)率いる忍びが光圀と綱豊の命を狙い一行の動静を窺う。

甲府に着いた一行は、綱豊を「夫の敵」と呼ぶ武家の女・静(平山あや)に出会う。話しを聞くと親戚の市兵衛(山内としお)からそう聞かされたという。そしてすべての悪事の裏側に金山奉行・韮崎軍兵衛(大谷亮介)がいることを見抜いた光圀は、弥七(内藤剛志)飛猿(野村将希)に探らせ、一計を案じる。

悪行を暴いた一行は城代家老の渡辺直茂(小沢象)に後を託し、「天下の台所」大坂に向かう。そこで光圀は、身分を隠していた紀伊国屋文左衛門(津川雅彦)から、頼常の奇行が高松で物議を醸していることを知らされる。荷揚げ屋の女親分・お美津(大場久美子)の下で幼いながらも健気に働き、生き別れの父親を探したいという少年・一平太(若山耀人)を伴って一行は高松へ向かった。

高松では頼常が奇抜な格好で出歩き、酒や女にうつつを抜かしていると領民たちが心を痛めていた。漁師の娘・お花(小芝風花)は、頼常がかつては立派な領主だったと光圀に語る。その上、頼常が政治に無関心なのをいいことに、筆頭家老の黒藤紋太夫(石橋蓮司)が実権を握って年貢を上げ、人々を困窮させていることが分かった。お花の許婚・佐吉(金城大和)ら領民の声に後押しされた勘定奉行の菊井善右衛門(田村亮)が決死の覚悟で頼常を諌めるが、頼常は聞く耳を持たない。光圀も父として言葉を尽くし息子を説得するが、頼常は心を開こうとはしなかった。
光圀と頼常が対峙しているその場へ、黒藤が飛び込んできた。その手には高松藩を揺るがす書状が握られていた…。

関連リンク
TBS ishop
スマートフォン
ワンセグ
連ドラ・シナリオ大賞
TBSトップページサイトマップ
Copyright© 1995-2017, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.
PageTop