マツコの知らない世界

2021年9月7日(火)

芋けんぴの世界

焼きいもに命を救われて芋けんぴに辿り着いたというさつまいも料理研究家の鈴木絢子さんに、噛み心地が楽しめる芋けんぴを紹介していただきました!
細さ、形、使っているさつまいもの種類によって噛み心地の違う芋けんぴ。
お店によって味も噛み心地も全然違うことがわかりました!
いもけんぴ専門店も多くありお取り寄せもできるので、是非お取り寄せしてみてください!

※情報は放送当時のものです。詳細は各企業・店舗までお問い合わせください。

■菓匠右門「川越けんぴ プレーン」

価格:300円

■ティンミー「紅いもカリカリ 琉球黒糖」

価格:324円

■水車亭「塩けんぴ」

価格:378円

■芋屋金次郎「特撰芋けんぴ」

価格:250円

■寝た芋本舗「芋けんぴ 甘味」

価格:290円

■神戸いもや「なると金時スティック ソフト仕上げ」

価格:378円

■加藤けんぴ店「芋けんぴ 紅はるか」

価格:500円
9月中旬より販売再開予定

■蜜香屋 中崎町本店「中崎POTATO」

価格:1,512円

■蜜香屋TISOU「ニューケンピ 缶入り《ハイカラ》」

価格:1,360円

■覚王山 吉芋「吉芋花火」

価格:600円

ページトップへ戻る



関連リンク