飛び出せ!科学くん

子どものころに持っていた、夢や好奇心を呼び戻そう!

毎週土曜日よる7:00

過去のオンエア内容

[2011.09.10]157年前!駿河湾に沈んだ“幕末の黒船”大探索スペシャル!

昨年、「飛び出せ!科学くん」では、JAMSTEC(海洋研究開発機構)協力の元、深海3000mまで潜水できる無人深海探査機「ハイパードルフィン」を使い、深海生物の観察を行った。今まで見たことのない駿河湾の深海生物に見とれる番組MCのココリコ田中。その時、田中は、深海およそ1400Mの海底で不思議な物体を発見した。それは岩すらない砂地の海底に忽然と現れた“沈没船らしき物体”!
実は、これが歴史を変える大発見に繋がるかもしれないものだった。
駿河湾には、いくつかの大型船舶が沈没した伝説があるが、我々が発見した“沈没船らしき物体”は、なんと!日本、ロシア両国が長年探し続けている幕末に沈んだロシア軍艦
『ディアナ号』ではないかというのだ!
『ディアナ号』とは、アメリカのペリー来航の翌年、プチャーチンを提督とし、
ロシアが日本への開国を求めて派遣した軍艦。日本とロシア、交流の原点とも呼べる船。
そこで、科学くんでは昨年発見した物体が『ディアナ号』だったのか?一年をかけて大調査を行った。番組の地道な調査で次々に掘り起こされる、日本に残されたディアナ号に関する古文書、地元の人々に伝わる言い伝え、ロシアに残された貴重な文書、そして大昔に行われたディアナ号探査に関する貴重映像など。ついに科学くんはこれらのデータと陸、海、空に渡る最新機器の力を借りた大捜索で『ディアナ号』沈没地点の核心に迫ることに成功した!
『ディアナ号』そしてプチャーチン提督の軌跡・運命とは?そして、その船体に隠された歴史的なお宝とは…
再びJAMSTECの協力の元、深海およそ1400Mで“沈没船らしき物体”の調査が始まる、更なる謎が解き明かされるのか?
もし、幕末のもう一つの黒船『ディアナ号』の存在が明らかになれば、歴史教科書に
新たな事実が書き加えられるかもしれない!

ゲスト
高橋英樹・木下隆行(TKO)・眞鍋かをり・矢口真里

→ 過去のオンエア内容一覧へ