ハッピーエンド

毎週火曜 よる11:50から放送

「ハッピーエンド」の画像

コンテンツメニュー

2013年3月26日の放送内容

番組内容
モノを作って人を幸せにするハッピーファクトリー。工場長・内村光良と副工場長・ブラックマヨネーズが今日も誰かを幸せにします!

今週のおはなし
去年、レギュラー番組が終了し、まさに今年が“勝負の年”でもあるドランクドラゴン。
塚地は俳優として活動の場を広げるも、コンビとしての活動は少なくなってきている。
そんな中、口だけはコンビの行く末を案じているマイペースな鈴木拓へ、ドッキリハッピーエンドプランを敢行!
さっそく鈴木を呼び出したのは、栃木県日光市。
偽番組のロケとも知らず氷職人の匠の技をリポートすべく進行を任される。
しかも“結果次第で番組レギュラー化の可能性が高い”とスタッフから知らされる。
そんな中、塚地が急遽、病欠!

しぶしぶ進行を行い、なんとか初日ロケを終えた鈴木を待っていたのは翌日ロケのゲスト・芹那。

初日に続き、最初は不甲斐なかった鈴木が、ある事をきっかけに覚醒!?

芹那と協力し、なんとか天然氷を切り出した鈴木。

切り出した氷から今回作るのは、氷の彫刻。
2人がなんとか完成させたのは龍の形をした宝船。

さらにその彫刻は展示会に出品されることになった。

後日、展示会場に訪れた鈴木。
扉の向こうに待っていたのは内村・ブラックマヨネーズ・塚地の4人。

拍手の中、呼び込まれ、タネ明かしをされる。

出演者紹介
MC/工場長:内村光良
副工場長:ブラックマヨネーズ
出演者:ドランクドラゴン
神戸蘭子・芹那 (※五十音順)

取材協力
四代目氷屋徳次郎

→トップページへ