韓流セレクト(毎週月〜金あさ10:05〜11:00)

TBS > ドラマ > 韓流セレクト > ドラゴン桜 > スタッフ&キャスト

スタッフ&キャスト

■ スタッフ

○ 演出

ユ・ヒョンギ

○ 脚本

ユン・ギョンア

○ 原作

三田紀房(『ドラゴン桜』 講談社刊)

■ キャスト

○ キム・スロ(カン・ソクホ役)

(photo)

1970年生まれ。1993年の『トゥー・コップス』で映画デビュー。その後は『リベラ・メ』、『火山高』、『僕の彼女を紹介します』、『ブラザーフッド』などで韓国映画に欠かせない俳優に。ドラマ出演は今回が初めてとなる。

→ カン・ソクホの人物詳細はコチラ


○ ペ・ドゥナ(ハン・スジョン役)

(photo)

1979年生まれ。大学在学中にモデル活動を始め、KBSドラマ「学校」でお茶の間の人気を獲得。更に韓国版『リング』、ポン・ジュノ監督の『ほえる犬は噛まない』などで映画界に進出、注目を浴びる。その後日本映画『リンダ リンダ リンダ』やパク・チャヌク監督の『復讐者に憐れみを』や、最近では『空気人形』などにも出演し、韓国を代表する女優。

→ ハン・スジョンの人物詳細はコチラ


○ オ・ユナ(チャン・マリ役)

(photo)

1980年生まれ。レーシングクィーンとして活躍したのち、2004年のSBSドラマ「嵐の中へ」でドラマデビュー。その後「恋愛時代」で女優としても評価され、「外科医ポン・ダルヒ」、「風の国」など話題のドラマに出演。東洋人とは思えない抜群のスタイルで現在人気急上昇の女優。

→ チャン・マリの人物詳細はコチラ


○ ユ・スンホ(ファン・ベクヒョン役)

(photo)

1993年生まれ。1999年に雑誌の広告でデビュー。映画『おばあちゃんの家』や、ドラマ「ラブレター」や「悲しき恋歌」で類まれな演技力を発揮、“国民の弟”として注目を浴びる。更にその風貌から“リトル・ソ・ジソプ”と呼ばれることも。名子役から本作で大人の俳優として変身を遂げた、次世代の韓国スターの1人である。代表作に「王と私」、「太王四神記」、「善徳女王」など。

→ ファン・ベクヒョンの人物詳細はコチラ


○ コ・アソン(キル・プリプ役)

(photo)

1992年生まれ。「MBCスター誕生」で第1位を獲得し、鮮烈なデビューを果たす。その後、TVドラマ「心ふるわせて」や「悲しき恋歌」で名子役としての地位を確立、ポン・ジュノ監督の『グエムル−漢江の怪物−』で映画デビュー。俳優たちに引けをとらない演技で絶賛される。今後の活動が注目される女優。

→ キル・プリプの人物詳細はコチラ


○ ジヨン (T-ara)(ナ・ヒョンジョン役)

(photo)

1993年生まれ。6人組の歌手グループ・T-araの第一期からのメンバー。T-araデビューの前からすでにキム・テヒに似ているとして、“リトル・キム・テヒ”として注目されていた。さらに男性グループ・超新星とのユニット・TTLを組み、シングル「Time To Love」をリリースすると、主要音楽サイト8サイトのチャートを全て制覇。現在話題急上昇中のグループである。

→ ナ・ヒョンジョンの人物詳細はコチラ


○ イ・ヒョヌ(ホン・チャンドゥ役)

(photo)

1993年生まれ。幼少期から現在まで「春の日」、「太王四神記」、「ロビイスト」、「大王世宗[テワンセジョン]」、「美賊イルジメ伝」、「善徳女王」など数々のドラマに出演。更に『卑劣な街』、『ファン・ジニ 映画版』など話題作の映画にも出演し、お茶の間の人気を獲得し、ユ・スンホ同様人気の若手俳優である。

→ ホン・チャンドゥの人物詳細はコチラ


○ イ・チャノ(オ・ボング役)

(photo)

1989年生まれ。98年のドラマ「6人兄弟(原題)」でデビューし、21歳にして芸歴が11年のベテラン俳優。代表作は他に『頑張れ!グムスン』、『微笑/ほほえみ』、『うちの学校のET』などがある。

→ オ・ボングの人物詳細はコチラ


リクエスト受付中!

モバイルサイト