2011年7月スタート 日曜よる9時放送

現場レポート

2011年9月18日 (日)

vol.25 「 ありがとうございました! 」

みなさん、コンニチハ!
7月10日からスタートしました「華和家の四姉妹」も、ついに全11話の放送が終了しました。
ちなみに、番組ツイッターをチェックされている方はご存知だと思いますが、すべての撮影が終了したのは、先週の14日のことでした。放送日まで、時間のない中の編集作業でお届けした最終回。また元の通り、家族揃って暮らすことになった華和家でした。四姉妹それぞれに、前向きで希望が持てる終わり方でしたよネ。みなさんが予想していた最終回と比べて、いかがだったでしょうか?

それでは、現場レポの最後として、華和家家族ほか加藤くんの、クランクアップコメントを紹介させていただきたいと思います。
まずは、正三郎を演じた加藤くんですが、最後の撮影となったのは桜子とばったり再会するシーンでした。あ、桜子が「育毛パラダイス」と企画をプレゼンしていたシーンですね。9月11日のことでした。

いきなり“ヌメ”とかあだ名を付けられ、「ヌメる芝居をして」とか言われて、難しいなぁ〜とか思いましたけど、結果的に美女たちに囲まれ本当に楽しい現場でした。(終わるのが)寂しいです。ありがとうございました!

とのコメントを最後に、クランクアップを迎えました。

して、華和家の面々と、山根を演じた田中哲司さんは、竹美たちが移住したという島でのシーンを撮影した、神奈川県は三浦半島エリアでのロケでクランクアップを迎えました。ちなみに、田中さんは、華和家の面々より1日早く、撮影を終了しました。

昨日は(撮影で)船に揺られて、今日は三半規管がやられてまして、ぽわっとしてました。あと、今夜と明日の撮影をがんばってください。ありがとうございました!

(photo)

(photo)

クランクアップの日の、最後のお弁当は、浅草で有名な老舗すき焼き屋さんのもの。おいしゅうございました!

(photo)

全ての撮影が終了したのは9月14日のこと。華和家の面々が揃ってのクランクアップです。

(photo)

甘えてひざに乗ってきた憲史郎クンをくすぐるエンケンさんです。もうちょっとで撮影が終わります…。

■りりかちゃん
いろいろ迷惑をかけて、すみませんでした。でも、ここまでやってこられたのは、監督さんとスタッフさんのおかげだと思います。ありがとうございましたー。

■れんとくん
怒られたときもありましたけど、ここまでこれたのは、監督さんとかスタッフさんのおかげでできたと思います。ありがとうございました。

■憲史郎くん
いつもスタッフさんが怒ってばっかりだけど、いつもれんとくんと遊んでいました。おつかれさまでしたー。

(photo)

■エンケンさん
美女に囲まれスタートし、浮気場面から全力疾走から脳梗塞まで、さまざまな体験をさせていただいて、楽しい役でした。お疲れさまでした!

(photo)

■うみにー
本当にあっという間の3ヶ月間で、このメガネとお別れするのもすごく寂しいんですけど、こんなに楽しい現場はない!っていうくらいに、楽しい現場でした。寂しいですけど、これからも頑張ります!ありがとうございました。

(photo)

■しーちゃん
(私は)ロケはあまりなかったんですけど、最後の最後に、こんなに暑い日のロケがあるなんて予測してなかったです。こんなに仲のいい現場に入ることができて、すごく幸せでした。スタッフさんもすごく愉快な方ばかりだったので、すごく楽しかったです。お疲れさまでした。

(photo)

■みちねぇ
本当に3ヶ月間があっという間で、私自身を解放できる現場ってなかなかなくて、自分を出しすぎちゃったくらいです。ほかの現場では、そうしないよう気をつけます(笑)。スペシャルとか、また作ってください!楽しみにしています。

(photo)

■ありさま
本当にみなさん、お疲れさまでした。夏のドラマで、本当に暑い中でのロケが多かったんですけど、誰一人倒れることなく、こうしてみんなで無事に終われてよかったなと思います。家族のシーンがとても楽しくて、個人的には毎回、家族のシーンの撮影が楽しみでした。3ヶ月間いろいろとありましけど、みなさん、ありがとうございました!

(photo)

■今井監督
いろいろとうるさく注文をつけたり、途中でちょっと抜けたりと、みなさんにはご迷惑をおかけしましたが、本当に楽しいドラマができて、私も幸せでした。みなさんのお力なくしてはなかったと思いますので、本当にありがとうございました。

(photo)

さてさて、あらためまして、今まで「華和家の四姉妹」をご覧いただき、ありがとうございました。また、番組サイトへのアクセス、ありがとうございました。個人的にも、毎週の放送を楽しみにしていた作品だったので、2011年夏の、良い思いでとなりました。
また、至らない点も多々あったと思われますが、番組を楽しむプラスアルファとして、当サイトへアクセスいただき、ほんのちょっとでも、みなさんに楽しんでいただけた部分があれば幸いです…・・・
m(_ _)m

(photo)

全ての撮影が終わり記念撮影を…「やぁ!」


↑このページの一番上へ